人生を変えてしまうのはたった一人

Amazon Primeで「Love and Other Drugs」を見た。エッチえちな官能映画!!!!と期待してみたら、めえちゃくちゃ感動しておえおえ言いながら見た。

めちゃくちゃ共感するところ多かった。自分の苦しみとか、他人への迷惑とか、自分以外の人との幸せとか。ここ最近ずっと彼女と話しているような話だからびりびり感じた。

相手の人生を受け入れる覚悟をしても、気づかぬうちに相手を受け入れる自分への痛みを恐れて、関係に傷がついてしまったり。

今日すぐに感じたことは書けないから、これからじわじわと表れてきて文章にできたらいいな。

一番好きなセリフをかいておしまいにします。

何千人もの人に出会ってもちっとも人生は変わらないのに、たった一人に出会うだけで、人生は大きく変わってしまうものだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です