人生は苦しみの壁を乗り越え続けていくものだと思う。

それは立ち止まる事もできる。

でも上に上がらなきゃと様々な力がかかって潰されてしまう。

それも、乗り越えても結局また乗り越えた先の大きさに合った苦しみが発生する。

それって、上に上っていると考えるから苦しいんじゃないかな。上に上がれば上がるほど大きくなると考えてしまうから。

例えば、円を描くように回っていると考えたらどうかな。

地球みたいに、無限に回り続ける螺旋階段みたいに、上を目指しているんじゃなくてぐるぐる回るために生きている。

階段が大きくても立ち止まらず乗り越えたらまた同じ階段に出会って乗り越える。

スピード上げて勢いよく回ろう。

気づいたら前に進んでる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です