気絶するほど

僕は、寝る事が得意だと思っていた。

いつでもどこでも瞬時に寝る。

だからどこでも生きていける。

そう思っていた。

でもね、違う気がするんだ。

僕は人からよく言われるがありえないスピードで寝る。

これは寝ると言えるのか?

僕は寝てなんかいないんだ。

気絶しているだけだ。

自分で自分が過集中になっていることに気づかず、疲れを感知する器官が麻痺して、僕は動き続けてしまう。

僕の脳みそは様々なことを考え、本当にたくさんのことに心を動かされてしまう。

気づく事がおおいのに、僕は休憩できなくて、毎日寝るときは気絶する。

気絶まで追い込まないと自分は寝る、寝たふりをする事ができなくなったのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です