双極性障害2型について

双極性障害のことは何となく知っていたけど、1型と2型があるのは知らなかった。今まで何人か双極性障害の方にあったり、見たことはあるけど、それは症状が目立つ1型である可能性が高い。

それを知って、自分はめちゃくちゃ2型は当てはまるなと思った。

気分がめちゃくちゃ高まりすぎて、奇行をするほどではないにしろ、たしかになんでもかんでも一気にやっちゃったり、できそうにないことまでやるぞとかいっちゃったり。

そしていろいろやりまくって言いまくった後に、どんと疲れていっぱい失敗して、うつ状態になる。ここで気づかぬうちに生きるのをやめてみようと思ってしまう。

気分の浮き沈みは誰でもある。調子がいい日は誰でもあるし、悪い日も誰でもある。

でも、それが生活に支障をきたすレベルなら、ちょっとまずい。

躁状態でもうつ状態でも、掃除も家事もできなくなっちゃう。

生活に支障をきたしてしまうと、気分屋から気分障害になってしまうのかも。

参考サイトによると、発症年齢平均は21歳。きっといろいろなことを考えてしまう時期で、ストレスが溜まっているのだろう。

波を小さく抑えつつ、しかしこの特性とうまく付き合いながら生きていこうと思った。

すべては使い方次第なので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です