iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.4 〜アーメンのピッチ変更&MIX〜

久しぶりです。続きが読みたいと言う声をいただいたので頑張って書くぞというきもちになりました。

音のMixについて入る前に、アーメンのピッチを変える方法を書いておきます。

ピッチ変更について

Selectモードで選択し、+で複製。矢印ではないので、コピーした別物扱いになります。

こうなりますね。コピーした別物をピッチ上げます。鉛筆マークを押して音エディット画面に行きます。

Boundsを押してSamplesモードにしましょう。

こうなりますね。すると右下にProcessが出てきますのでそこを押します。BPM合わせと流れは同じです。

PITCH SHIFTを押す。

音のプレビューできないんで、とりあえず3くらい上げてみる。

そしてこの後が重要ですがxで戻る時にSave画面が出たら別名を付けて保存しましょう。わかりやすくPitch+3とかがいいかもですね

あとはコネコネして目的の音を目的の場所に。ピッチ変更後は初めから再生になりますので頑張ってください。

こんなのを連続で行なってコロコロをしたアーメンを作ります。めんどくさすぎる。

あ、でも実は別の方法もありますのでまた機会があれば書きます。

MIXについて

ホーム画面に行きます。上のバーの左から二番目の時計みたいなマークを押すと

ここに行きます。一番左がマスター(全体音量)

ここで各トラックの音量が調整できたりエフェクトの度合いを変更できます。細かいことは調べるとたくさん出てきますので割愛。

エフェクトについて。ホーム画面のMAINというのがマスター(全体の音)です。各トラックにエフェクトをかける場合は下の楽器を変更またはスワイプで横に。

アーメンのエフェクトをかけます。InsertFXの+を押して

エフェクターを選びます。それぞれの使い方は調べるとたくさん出ますのでここでは割愛。アーメンにはCOMPRESSORとOVERDRIVEをかけます

良い感じにうるさくなるのでOVERDRIVEおススメです。

長押しで消すこともできます。

そんな感じで楽器を追加したり音を追加してその度にエフェクトをかけたりMixしたりして曲にして行きます。ここからは特殊なことは無いので、いろいろ調べてやっていけばふつうのDTMと全く同じです!

とりあえずiPhoneでBreakcore制作はここまでとします。最後までありがとうございました!

追記:Beatmaker3が出てますね…使った事ないですがこれも同じくBreakcore作れそうだったらちょっと弄ってみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です