幼稚園児のときを思い出した。

ぼくは、5月生まれだったこともあると思うが、幼稚園ではなんでもできるスーパースターだった。みんななんとなく僕を褒めて認めてくれている気がしていた。

そして、ルールや決まり事を守ることが好きだった。

ある日、ある年小さんが悪いことをしていた。

ぼくは間違っていると思ったので、注意してあげた。

相手は嫌な顔した途端、

手に噛み付いてきた。

衝撃的すぎて、今でも思い出せる。

痛くて、理不尽で、何がいけなかったのかさっぱりわからなかった。

わからなかった。

思えばそんなことが人生で何度も起こっていた。

正しいことを言ったはずなのに、噛みつかれるほどの衝撃をたくさん経験した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です