大切にするってなんだろう(短編小説)

ぼくはダンゴムシが好きだ。

つんつんするとくるりと丸くなってかわいい。

ゆっくり動いてるのを見るのが、すき。

あるひ、小さな虫かごをもらった。

「そうだ、この中にダンゴムシを集めよう!そしたらいつでもダンゴムシが見れる!」

さっそくその日は夢中でダンゴムシをかき集めて、土と一緒にかごの中に集めていった。

しばらくして、かごの中はかわいいダンゴムシでいっぱいになった。

「やったぁ!これからも大切にするね」

本当は部屋にもっていきたかったが、許してもらえなかったので外に置いた。

その日の夜は、大雨が降った。

ぼくは勢いよく外へ飛び出し、かごを確認した。

そこには、大量のダンゴムシが水の上に浮かんでいた。

「ダンゴムシさん、死んじゃった、、、?」

どうして、大切にしようと思っていたのに。

大切にするってなんだろう。


ある日、ぼくは、とっても古い貨幣をもらった。

たくさんの意味と、その物の価値を教えてもらって、ぼくはとんでもないものをもらったんだと思った。

「大切にする!ぼくの宝物だ」

そういって、僕は押入れの引き出しの奥の奥へしまうことにした。

大切にしたいから、だれにも奪われない、雨に濡れない場所に保管しなきゃ。

しばらくたって、ぼくはその存在をすっかり忘れていた。

あるひ、押入れの引き出しを整理していた時に、それを見つけた。

「あ、これは僕のたからものだ。そういえばこんなところに直したね」

しかし、それはぐちゃぐちゃになって破けていた。

あれ、大切にするってなんだろう?


ぼくは魚だ。

最近やっとわかったんだ。

今まで、どうしてみんなはあんなに簡単に、木を登れるのか不思議で仕方なかった。

学校では、木に登れる人がとても褒められる。

ぼくはいつも登れなかった。しかも、木に登ったって何の意味もないと思っていた。

それより、あの海の向こうに行ってみたくないか?

そういってもみんな誰も共感してくれなくて、僕は仕方なく木に登るフリを続けることにした。

そんな過去を振り返って、自分を見つめてあげて、はっと気が付いたことがある。

それは僕が魚だからなんだ。

きっとそうだ。

伝えてみよう。

「僕は魚だから、海で泳ぐ練習がしたいよ」

ぼくは長年の未解決事件が解けて、真犯人を突き止めたような気持ちで叫んだ。

そうしたら、

「君を大切にしたいから、木に登る練習をさせてあげているのだから、もっと頑張りなさい」

と言われた。

あれ、大切にするって、なんだろう。


大切に、大切に、大切に。

僕は木登りをさぼることにした。

だって魚だから。

もういいじゃん。

そうしたら木登りの先生が怒りだした。

「君のために、一生懸命木登りを教えているのだから、まじめにやりなさい。あなたのことを大切に思って、言っているのに。こうなったら」

かんかんに怒った先生は僕をつかんで、僕の泳ぐためにあるヒレをむしり取った。

「痛い!痛い!やめてくれ!」

あまりの痛さに僕は涙が止まらなかった。

「君のためだから、さあ、これで登れるさ」

ぼくはこの日、ヒレを失った。


何をしてても楽しくなくなってしまった。

たまに休みに海を泳ぐ楽しみも、もう奪われてしまった。

「こんなところ、もう嫌だ。生きてても楽しくないよ」

そうやって学校以外の人に相談したら、

「そうかそうか、じゃあもう木登り学校はやめよう。ほら、こっちにおいで」

ぼくは無気力ながら、そいつについていった。

体がだんだんと冷えていく。

そして凍えるような寒さの場所で、

「大切に、冷凍してあげるから。もうここなら怖くないさ」

ぼくはしまるドアを呆然と眺めて、まっくろで凍える世界に一人になった。

だんだん体が動かなくなる。

もうすぐ死ぬのかな。

いや、大切にされるだけだよ。


あれ、大切にするってなんだろう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です