ライティングという仕事

ライティングが仕事になる。

文章を書くことなんて、誰でもできる、と思う。

しかし、

人に読んでもらえる文章、

人を共感させる文章、

人に感動を与える文章、

人の人生を変えてしまう文章は

誰でも書けるとは思えない。

文章は何千年も昔から人類の知の蓄積として機能していて、文章の溢れかえった現代でもやはり人に届く文章というのは価値を持ち続けていると思った。

今週から本格的なライターのお仕事をもらって、色々なアドバイスを貰いながら書いています。

自分のために書く文章と、明確に届けたい人、読ませたい人がいる文章の違いを大きく感じた。

使ってる脳みその部分が真逆な感じで、とにかく新鮮で楽しい。

単調作業をしているとめちゃくちゃしんどくてすぐに意味がわからなくなってしまう自分にとって、毎回別の頭を使う作業はめっちゃ気持ち良い。

どんどん吸収してでかくなって帰国するぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です