嫌なことに気づく方法

嫌なことをしない!!!

そう言うのはいいけど、そもそも自分が嫌と思うことをどうやったら認識できるんや!!

僕の場合、どうして大学が嫌だと気づけたのかを例に挙げて考えます。

大切なのは比較です。

調子がいい日と悪い日の条件を比較してみます。

すると、「天気が曇りだった」という差異を発見することができました。

自分が天候に影響を受けやすいという事がわかります。

しかし、次の日晴れていたのに調子が悪い。

条件を調べてみると、「試験前」という要因の可能性が上がってきます。

試験が終わった後、調子が良くなったので「試験前」は調子が悪くなる事がわかります。

「就職関連の講義があった」「レポートを提出し忘れた」「成績が出た」

そうやって毎日自己省察し続けたら「大学」が自分を苦しめる最大要因であると気づけました。

ポイントは調子が良い時悪い時の条件を毎日振り返られるようにすることです。

この日記みたいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です