会話限界人数

複数人が話している状況が比較的苦手。

その場にいるだけでストレスを感じてしまうことがある。

1対1、1対2、とても親しい仲なら1対3が限度に思う。親しくなければ二人が限度。

例外として自分の大好きな話なら自分が中心として話せるため場のコントロールが効いて大丈夫だが、そんな機会はそんなに多くない。

自分含む五人以上で会話している状況がどうしても強烈なストレスに感じてしまうところがあるなと数年前から思っていた。

一対一で話すのは好き。その人の深いところまで観察することができるから、ずっとやりたいと思う。

一つの仕事に対して俯瞰して全体構造を把握したりするのは一人の人を観察することと同じで好き。

しかしその状態で四人を見ようとすると一瞬で破綻して何も話せなくなる。

会食みたいな環境なら頑張って下向いてスマホ見ておけばいいけど、それでも呼吸が苦しくなるときがある。

それが会議だったりゲームだったりすると参加せざるを得なくなり、強度のストレスで疲弊がすさまじい。

克服できたかなと思ったけど克服できないし、克服しようとしなくていいや。

「しょうがないことリスト」にぶちこんで、嫌なことしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です