苦痛と苦悩

苦痛とは実態を伴う痛みである。

苦悩とは実態を伴わない痛みである。

両者は人間の感じることのできる痛みに代わりないが、おそらく苦悩するのは人間だけだ。

「足を怪我した。痛い。このまま足に後遺症がのこるかもしれない。怖い」

上の文から、苦痛から苦悩に変わったことが分かる。

苦痛は避けられない。苦悩は、考えなければ、実はない。

端的に言えば、人間をやめれば苦悩はない。

金がなくても、誰かが死んでも、苦悩しなければほとんどの痛みから解消される。

しかし、苦悩こそ人間性をうむのではないかと思う。

人間性はその人の生み出すものの形を作る。色をつける。

適度に苦悩しつつも、楽しく生きるために苦悩を捨てて、生きたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です