人は経験を「作る」。

人々が事実として同じ経験をすることはあっても、その事実をどう受けるかを決めるのは自分次第。

受け取り方次第で今後のその経験の価値が決まっていくため、もはや経験とは受動的ではなくて全て能動的に作るものだ。

経験を作るものだとしたら、受け取り方はどのように決まるのか?

それは、人は目的を達成するために、その経験を使う。

わかりやすいものは、失敗から学び、次に活かすような経験をして受け取る。

しかしそんな受け取り方はなかなか簡単ではない。

大抵は、それを原因と捉え、あれをしたからダメだった、責任の押し付け、そして無意識のレベルで失敗を自らしにいくこともある。

それは、恋愛において失敗し続ける人にも見られる。

恋愛がうまくいかなかったのは、相手のこのようなところに問題がある。人が変わればうまくいく。

そうやって経験を作ってしまうと肝心な「これから自分はどうするか」考えずに済む。

するとまた同じ失敗をする。そしたら人は「また人が悪かった」という。

これの真の目的は「人が良かったらうまくいくのである」という可能性を残しておきたいというところによる。こうなってくると自ら失敗していくことが目標達成につながる。

人は完璧になんてなれないが、人生をより良くしたいと思うことはできる。

ふと気づいたときに振り返ること、知識を付けること、一歩踏み出すこと、ならできる。

僕も一歩ずつ初めて地上を歩くように歩む。

「人は歩み方を変えずに、自分の体験を歩み方に合うように歪めてしまう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です