自分を受け入れてあげられるのは自分だけだ

自分を受け入れること。

簡単なように見えて、めちゃくちゃ難しいことだと思う。

口では自分を受け入れていると言っていても無意識レベルで受け入れていないところがたくさんあるからだ。

わかりやすいのは劣等感。

自分は劣っているのだと思ってしまうことで劣っている自分を嫌い、自分を受容できなくなってしまう。

見えにくいものとして優越感に浸りたいと願う心もある。

人よりも優れたいと願うあまり、競争に勝つこと、褒められることを目標としてしまうこと。

自分は優れているのだと、他人との比較から見出したいと思う心は、自分を受け入れていたら出てこない。これもまた自分を受容できていないサインだ。

僕は劣等感も優越感も、強かった。

いや、今だってある。

自分を受け入れて、初めて自己実現の欲求への道に進むことができる。

しかし一日で突然変わることでは無い。グラデーション。確実な一歩を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です