久々の再会。お互いが自分の人生を歩み始める

今住んでいるパレットで、ラップをしたい。音楽を作りたいといっている人に出会ったのが、今年の3月。

彼とはすぐ仲良くなり、毎週作曲仲間として会い、お互いの好きな音楽を交換したり、音楽制作を教えたりした。

一緒にラップをしてみたり、僕の曲に歌詞をつけてもらったりした。

そんな彼と、コロナでしばらく会えなくなったが、久々の再会。

彼は相変わらずな感じで、ちょっとずつ作曲の勉強を進めていた。

曲を作ること、それを勉強することが楽しいそうだ。

僕に出会うまでは、自分が音楽を作ることを諦め、「難しそうだし聞くだけでいいや」と思っていたそうだ。

僕に出会って、もっと自由に作っていいことを知り、始めるきっかけになったそうだ。

作り始めたらとにかく楽しくて「やっぱり自分はずっとこれがしたかったんだ」と気づいたそう。

人生の嘘に気づいて、彼が少しずつ歩んでいる姿がとてもよかった。

僕の曲にすてきな歌詞をつけてくれた彼の作る音楽が楽しみ。

僕も、コロナ期間で「アーティストとして生きていく」と決意を固めた話をできた。

お互いが自分の人生を歩み始めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です