山奥行ってみよう

きょう、世界一受けたい授業を久々みた。というかテレビを久々みた。

最近自分の中で熱い「山奥ニート」についてだったからだ。

僕はインターネットと共に育ってきた。インターネットは画面さえあればどこにいようが同じだ。どこに住もうが、僕の音楽活動拠点はインターネットだから、関係がない。無理してオフラインで活動する必要はない。

だったら気持ちの良い場所で生活したい。自然豊かな場所でのんびり暮らしたい。インターネットさえあれば山奥でも生きていけるんじゃないだろうか。

そう思っていたことを、既にやっちゃっている人を見つけた。

これはスイッチが入る。

やってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です