言い訳ではなく表現を

「やましょーは、主張をしなかったり、対話を回避したりすることが多くないか?」

今日一日共にしていた人に言われたことだ。たしかに、今日は一日ゆったりしたいという思いが先行していて、とにかく一人になりたがっていたように思う。

しかしそれなら、一言でもいいから表現をしよう。そうしないとただ「対話を回避しようとしている」としか見えないし、実際に対話を回避していた。僕の主張としては「今日は疲れているからとにかく一人でいたい」なのだが、ただの一言でもいいから「今日はゆっくりする」「つかれた」を表現した方が良いと感じた。

ある程度親しんだ人には「僕は疲れると極度に注意散漫になり、他人のいうことを聞けなくなります」とは言っている。こういうところは早めに自己開示していくことに限る気がする。それで相手が不快に思い「こいつとはしゃべらない」と思われても初期の初期で気づけたほうがいいし、双方時間を短縮できて万々歳だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です