相手が人でも動物でも、相手を理解するために必要なこと

3日間天空のお留守番をした。だから猫こじろーくんと3日間過ごした。

最近は元気が有り余っていてよく人を噛む。やめてーと叫ぶ人や逃げ回ったり反撃したりする人はたくさんいるが、それでは伝わらない。そもそもどういう目的でこじろーくんが人を噛んでいるのかを考えないといけない。

こじろーくんは子猫だったが、最近大きくなった。大人サイズに近い。とにかくエネルギーが有り余っていて、今まで遊んでいた小さなおもちゃでは物足りなくなっているように思う。エネルギー有り余っているから遊びたいんだけど、遊び道具がない。だから人の腕を目掛けて飛んでくるようになったんだろう。

人を噛んで困らせたいのではなく、ただ遊びたい、エネルギーを放出したいだけだと思う。いつもおとなしいのにエネルギー爆発のときはコントロールが効かなくなっているような動きをする。

だから反撃したり逃げたりすると「遊んでくれている!」と思ってしまう。さらに飛び掛かりたくなる。それは本能的な動きでコントロールが効かなくなっているように見える。それでこじろーくんが嫌われたり反撃されて痛い思いをするのはかわいそうだと思う。

だからぼくは飛びついて噛まれたときに微動だにしないという策を取ってみた。多少は痛いがすぐに諦めてくれる。「これは遊び道具ではないのか」と何度も行うことで分からせていくと、ぼくにはあまり噛み付かなくなった。それから一緒にダラダラできる時間が増えた。

言葉でコミュニケーションが取れず、文化的背景が全く違う(というか種族が違う)相手とのコミュニケーションは、こうした体の接触によって少しずつ分かり合えると思った。

人間でも動物でも、相手を理解したいなら忍耐が最も重要であることに変わりはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です