突然の

突然のニュースがあった。

それはあまりにも突然な死のリアルな出来事だった。友達の、母親、という距離ではあるものの、多くの過去の記憶がそこにはあった。

ここ最近はなんとなく死について考えることが多かった。こんな世の中で、自殺者が激増しているというニュースから始まり、友達の自殺未遂を知ったこと、それから自分がなんとなく死にたい、死にそうだなーと思っていた大学在学中のこと。「親はいつ死ぬか分からないんだから」と説教のように言う男に出会ったこと。

誰だっていつどうなるか分からん。怯えて待っててもしょうがない。考えてもあまり意味はないし、やっぱりそれぞれ前提が違うから深刻になることも違う。

ただ、なんとなく、会いたい人には会っておこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です