山か海か

3ヵ月ごとくらいに生活環境を変えている。安住の地なんてものは多分ない。しかし自分が落ち着いていればほとんどの場合安住の地のような気分になる。最近はそう思う。

山の生活に慣れてきた。山の生活というほどしっかりと仕事や山仕事をしているわけではないが、山奥の限界集落の空き家でシェアハウス生活をするとこんな感じ、という空気は掴めた。車さえあればどこにでも行けるし、何より山は自然豊かで快適で過ごしやすい。

さて、僕はこの場所でもう少し居てもいいかなと思う反面、もっともっと試してみたいという気持ちも出てきた。次は海に行きたい。もうすこし利便性を上げてみるとどうなるか。もうすこし人との付き合いを増やし、適度にストレスを与えるとどうなるだろうか。考え始めるとなんだかワクワクしてくる。

山にいるとやはり自然との対話が多くなる。自分の内面と徹底的に向き合うこともできる。しかしそれが苦しいときもある。逃げ道を作りたくなる。もちろんそれはそれでいい。でもどうせ逃げ道を作るなら、そのエネルギーで面白いことをやってみたいかもしれんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です