2020年の振り返り

2020/12/31 11:52
昨日は雪が降り積もった。今日は晴れて、山の雪景色が輝いている。
今日という素晴らしい日に、2020年を意味づけしよう。

2020年は、「信じること、勇気」について考えた日々であった。

自分を信じると決めた、2019年末、でも一体それはどういうことだったのか。勇気を持って大学をやめたが、とにかくくじかれ続けた一年だった。それは信じるということの真の意味を理解していなかったからだ。

信じるということは「そうだと決めて目をつぶってでも走ること」だと思っていた。でも違う。信じている人というのは、もっと自然な流れだ。自然な流れというのは「自力」では達成できないことだ。僕は自力で自分を信じようとしていた。

1月2日、ジョージアへとんだ。すべての人から頭がおかしくなったと思われた。俺も頭がおかしいと思った。着いてから新しい生活が始まったが、ひたすら不安定な精神状態だった。それもそうだ。自力で、自分や世界を信じようとしていたのだから。「もっと信じなければ」「もっと信じたい」「もっと世界は自分に優しいはずに違いない」と。

4月からいいかねPaletteに住んだ。すべてが空回りしていた。アーティストにもなれなかった。何事もうまくいかなかった。もう休みたかった。

そのまま七月末には山奥へ。

コロナや、親のこと、どうしてうまくいかないんだって、悔しかった。腹を立てた。信じていたのではない、僕がただ期待していただけなのだ。

最近わかったこととして、「実はすべての人の願いは叶い続けている」ということがある。それは「世界はすべて勘違いでできている」ことを知ったからだ。

「所有」という概念がある。お金を所有すると人はいうが、それは事実単に紙切れである。土地を所有するというが、それは手の中に入りきらないし、証明ができない。所有の証明として人は紙切れを発行するが、もっと訳がわからない。でもそれを「信じて」いるから人は「所有」だといいはる。これを読んで怒る人がいるならそれは相手に対して「信じている」ことを期待しすぎている。僕はネイティブアメリカンが「所有」という概念がなかったという意味がようやくわかった。

「信じる」からそこに存在がある。実際に世界に発現する。それは自力ではない。「お金があるんだ。絶対に」と信じながらおそるおそるレジでお金を出す人はいないであろう。みんなが信じているから安心してお金を使うことができる。

「もっとお金が欲しい」と願うことは「お金がない」ことを信じている。信じていることが具現化して「お金がない」を体験できる。

「アーティストになりたい」は「アーティストではない」を信じている。信じていることが具現化して「アーティストになれない」を体験できる。

願いとは信じていることの表明であり、信じていることはすでに叶っている。

じゃあ今すぐに「信じる」ことで願いが叶うのか?それは自力である以上、

無理なのだ。

「お金がある」「自立できている」「アーティストである」そうやって一個ずつ日々を通して充足であることを確認していく。「今日もありがとう」と思うことで充足であることは他力に他ならないと気づいていく。

「お金がある」「自立できている」「アーティストである」なんて、とうてい思えないような日々もあった。苦しすぎた。でもそんなときは感情をそのままにして吐いた。苦しいときは思いっきり苦しんだ方がいい。苦しんだ分だけ振り子のように楽しい日々もやってくる。そのままに受け入れることも大切だった。

この世界はこんなに多くの色があるのか、知らなかった。正義と悪のひしめき合う、白黒テレビの世界から、すべてが色づいてまぶしいカラーの世界に少しずつ変わってきた。

2020年、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です