平常状態になるのむずい

みんなほぼほぼパニック状態なんだよな、現代人。下から、リラックス状態(睡眠時など)、平常状態(冷静に判断できる状態)、パニック寸前、パニック。なんか現代人は、僕も含めてだけど、パニック寸前にずっといる気がする。僕はだいぶパニックから脱してきた気がするけど、もともとパニック起こしやすい体質だったので、大変だったな。

中学生、高校生、朝起きた瞬間から、早く支度しなくては、朝課外に後れてしまう、単語テストの復習をしなくては。そうしていきなりバタバタする生活をずっと続けていた。授業中でも気が抜けない、でもよく寝てしまっていた。休み時間もテストの準備をしないと落第する、みんなに笑われる、恥ずかしい思いをしてしまう。その恐怖心から、まったく息をつく暇もなかった。唯一気が抜けるのは部活のゆるい時間くらいか。塾に通っていたので家に帰るとご飯を食べてすぐ寝ていた。こんな生活が染みついていたから、大学生活でもわりとせかせかと急いでいた。だんだん緩い生活になってきたのは海外に行くようになってからか。バイトをやめたのも同時期だ。それからは楽なバイトに少し入るだけだったりオンラインで稼いでいた。

ゆとりが出てきても不安になっちゃうだけだったから動きを止めることができなかった。山に来てからはやっとだんだん落ち着いてきたような気がする。空気、水、食べ物が本当によくなったから、気持ちも落ち着いてきていることを感じる。

この平常心の状態にやっとなれてきたところで、2020年は終わった。2021年はこの割と落ち着いてきた状態から何をやっていこうかな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です