バンジージャンプ前

ああそうですよ。私には不安があります。それはバンジージャンプの直前のようなものです。一番怖いのはバンジージャンプの前。飛んでしまえば楽なのに、飛んでも死ぬことはほとんどないのに、しぬほど怖がるのだ。これはもう脳みその傷だ。他人から触られると本当にむかつくし自分で触ることも恐ろしくてできていない。

どうしても思い出してしまうんだよな、あのときのことを。これは自分が作り上げた、現在の自分を正当化するためのフィクションでしかないんだけど。ほんとうは大きく飛んでいきたいと思っているのに、「飛んではいけないんだぞ」と脅してくるあいつを作ってしまう。全部一人芝居。

去年からずっと飛んで飛んで飛び続けているともいえる。環境的には本当にいろんな場所を旅した。でもほんとうに飛びたい場所から大きく飛ぶことからは逃げて逃げていた。これは自分をごまかしていただけなんだよな。俺は「逃げつつけているダサい俺」などとSNSに書いちゃうようなあいつを本当にダサいと思っていたし、なんかいろいろ言いたくなってしまった。でもそうやって人に何かを言いたいと感じているとき、まっすぐに自分へ返すようにしている。そのアドバイスは100パーセント自分に対して最も効く。

ただただ毎日たのしくすごしていて、充実感にあふれていてもふと思い出してしまうこの気持ちは環境のせいではないことは確かだとわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です