歩み寄ると消える 相対性世界

働きたくない、働きたい、どちらも歩み寄ると消えてしまう

曲作りたい、曲つくりたくない、どちらも歩み寄ると消えてしまう

好きな方向へ行きつくと好きな方向は消えてしまう

全部相対的に存在しているだけだから

長く会っていなくて今後も会うつもりのない人と、もうこの世にはいない人は同じフォルダに入っていると感じる

もう行けない場所は消えた場所だと感じる

僕が思いを馳せたとき、たしかに復活する

現実は全て自分が作り出しているだけなのだから

今日もこの広くて狭い 自由で孤独な世界を堪能して眠る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です