よっと音集めの旅 inタイ🇹🇭

こんにちは。

いよいよ今日からタイ一人旅です!今は移動中なので、この間になんでこれをしようと思ったかを文章にしてみようと思います。

写真はイメージ

きっかけは色々ありますが、最初は多分、柳川で出会った小宮くんの話が最初だと思います。

彼は水辺に住む生き物が大好きで、珍しい魚を捕まえるためにアフリカに行っちゃうくらい狂っています。そんな彼の話がとにかく面白い。自分の大好きなものを徹底的に追い求めて飛び回ったり、自ら動いて団体を作ったり、文章やトークやによって活動を伝えたり、水族館の館長やったり、好きなことを極めている人は本当にキラキラしていて素敵だと思いました。

小宮マン館長の水族館

そして自分はどうだろう?音楽という好きな事があるけど、小宮マンみたいに自分の足で様々な場所を訪れて新しい音楽を取り入れたり、自分で人を集めて何かを作ったりしたら、もっともっと世界が広がっていくんじゃないかな?と思ったりしました。

小宮くんはそこにしか無い生物を求めて自らの足で探しに行きます。自分も同じようにそこにしか無い音を探す事ができないかな?と思って音集めの旅を思いつきました。

生物それぞれには、それぞれの歴史や住んでいる環境の違いなどがあります。「こういう形でこんな魚」という事以外に、その歴史や環境によってその魚のストーリーが必ずあります。そしてそれは予想できるものではなくて「なんでこんな形になってしまったんだ」という魚の方が面白いと小宮くんは言ってて、なるほどと思いました。

ここで、「もし音の一つ一つに様々なストーリーがあると何か面白いものが出来るのでは?」と思ったのです。

音集めの旅、という発想はRichard Houghtenの曲を聴いてからなんとなく具体的になりました。

http://bloomypetal.bandcamp.com/album/wind-travel-sample-hat-1-per-person

デジタルでは出すことが難しい絶妙なパーカッションの音が気持ちいいです。様々な国の楽器を使っており、まるで旅に出ているかのような気分になります。

元から環境音を曲に取り込むことはやっていますが、ここまで極めると本当にカッコいいと感じました。彼の他のアルバムではAphexTwinやSquarepusherをギターのみでカバーしていたり、IDMチックな曲が多くて、まさにこんな曲作りたいと思いました。

あとは元から旅が好きなので好きなものの掛け合わせ旅x音楽で同時にやっちゃおう!という理由です。

なぜタイなのかというと、旅好きの友達たちはみんなタイが良いと言っていたり、バックパッカーが多い場所ということで、きっと変な人がいっぱいいるはずだ‼️と思ったからです。ぶっちゃけタイの音楽的バックグラウンドとかはよくわかりませんが、予想外な方が楽しいと思ってあまり色々調べていません。タイに音楽友達いるわけでもないのでマジで街を回っていい感じの人を見つけるしか無いですね。

色々書きましたが、書いていくうちに理由は色々後付けかもしれないし本当にただ「ワクワクする」という理由しか無いような気がする。とりあえず、いろんな場所行ってバリバリ楽しんできまーす!いえーい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です