出すことが必要な時期

去年読んでいた本を読見直している。ずっとやりたかったことをやりなさい。自分の薬をつくる。スマホ脳。

なるほど、僕はブログを書くのを辞めたあと、極端にアウトプットが少なくなった。もう書かなくてもいいだろうと思ったのは本当で、その後も健やかに過ごしていたし、気にしていなかった。VRでライブ活動もピシャリと休止した。音楽制作に専念するんだといい、結局満足いくような曲はできないし、それについても何も期待していなかった。

そうしてこのように暇になった。暇で余計なことを考えるようになった。なんか、何してもつまらない。何見てもお腹いっぱい。

やっぱり、また出す時期が来たということだ。おめでとう。さあ、思う存分出しまくろう。

次は、出しすぎず、そしてコンスタントにやってみたい。出しすぎるとそれはそれで枯渇してしまうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です