最近特に、色々な人から行動力あるとか、考えがしっかりあるとか、落ち着いていると言われますが、3年前大学1年くらいまではメンタルが非常に弱く、何も新しい事がしたく無かったり前で話したりする事を恐れていました。

メンタル弱かった僕が今なんで色々改善できたのかなと少し振り返ってみます。もしかしたら何か参考になるかも?


高校三年で僕は受験期に酷くメンタルが弱まりました。自分の好きでもない科目を嫌々ながら勉強して、テストでは結局低い点を叩き出す。どう頑張ってもそもそも自分がやってて楽しくない勉強はいくらやっても意味がない。楽しいことが何もない。音楽を作る時間もうまく取れない。ほとんど鬱病のような状態になりました。人生がどうなるのかも分からないし、ただただ毎日辛い気持ちでした。

大学生になって、割と好きなことに時間を使っても余るくらいになりました。心理学の本や、メンタル強くなる方法のような本を色々読んでみました(よくわからない自己啓発本も読んでました)。

でもなかなか自分の好きなことや、やりたいことが見つからずに毎日モヤモヤしていました。

そんな中で会ったのが、アドラーの考え方でした。


原因論と目的論

過去に原因があって今の自分があると思っていることが原因論の考え。

目的論は、人間は必ず目的があって行動をしているという考え方。

つまり、「自分は元から挑戦しない人だ、だから挑戦しない」は原因論。「自分は挑戦をしない事は、失敗した時の恐怖やその恐れを避けるためだ」と思うことが目的論。

目的論で考えることで無意識的な目的を認識し、それを自らの意志で変えることで人間は変わることができる。

アドラーの基本の考え方ですが、これが今でも大きく力になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です