動きやすさ

動ける人、環境にある人が今一番早いと思います。なぜ早いのでしょう。

飯塚市と田川市のことを話していた時、飯塚氏の方からこんなことを言われました。

「飯塚の方が明らかにアクセスが良く、観光資源も豊富にあり、人口も多いのに、なぜ今田川の方が盛り上がって、人が外部からどんどん集まってきているのか?」

なるほど確かに、仰る通りだと思います。今隣の田川市では本当に色々なイベントが開催され、外部からたくさんんお人が集まってきたり、新しい事業ができたりしています。これはなぜなのか。

この答えこそ、動きやすさの話でしょう。


今、ある程度人が多く集まった場所には「大きな力を持ったモノ」が存在していると思います。それが大きいと、許可が必要になり素早く対応する事が出来なくなると思います。

素早く対応できなくなると、長期戦略で失敗しないように一つ大きな事をしようと考えます。

ですがこの変化の多い時代で長期戦略を取っても、昨日通じた事が明日通用するとは限らなくなってきます。

その変化に対応するためには、毎日のように小さな挑戦と失敗を繰り返すしかないと思います。小さな挑戦を重ねる事で変化する事自体に対応できる形になっていくものだと思うからです。

その点田川市は、比較的動きやすく、たくさんの人が挑戦を繰り返しているからこそ、ドンドン前に進んでいるのだろうなと感じます。

アフリカで今スタートアップが熱いという事も、同じ説明ができると思います。


場所や環境だけではなく、人間もそうです。

小さい挑戦と失敗を繰り返すしかない。でっかい難しい本を最初から読み始めても終わらない。まずは小さくて簡単な本からさらっと読んで慣れていく事からしか続きませんからね。これも「動きやすさ」が高い所から取り入れている状態だと思います。

こう考えると、自分の事をよく知る事が最優先だという事が分かります。まあ、それの方が難しいのですが!!

毎日ほんのちょっとずつ知れたらいいんじゃないかな〜と考えると「動きやすい」気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です