いると仕事が増えちゃう事

今日は音楽フェスのボランティアスタッフをしていました。(今は休憩中です)

僕は3箇所の誘導の仕事+休憩をローテーションしていました。

その仕事の一つに、入り口ドアの前に立つ仕事があります。自動ドアではない上に取っ手がなく、すぐ近くに大きなエアコンがあるためしっかり閉める必要があります。日本酒飲み放題の場所も近くにあります。

ここでひたすら人が閉めないドアを閉め、近づいて来たら開けるという仕事をしていました。

僕はこんな感じの単純だけど常にセンサーが必要な仕事は辛くて苦手です。ひたすら同じことをし続ける事が苦しいです。

疲弊しまくってついつい、近くの机にもたれ掛かってやってました。若干楽になるものの、集中しないといけないことに変わりはないので辛いままです。

しかし、流石にそれはまずかったので、社員のスタッフさんに注意を受けました。確かに印象悪いなと思ったので反省しました。

そこでふと思いました。

俺がここに居るから仕事になっちゃうんじゃないかな?締める人がいるなら、お願いしますという感じで。

じゃあ少し離れて観察しようと思い、少し離れた場所に立ちました。

すると思った通り、9割くらいの人は自分で開けて閉めてくれました。小さい子供や、反対側から人が来るかもと予測して開けたが人が来なかった時、開けてもらった人がそのまま通って閉めない時などがありますが基本的にみんなやってくれます。

そこまで集中しなくても良いので僕も楽です。別の仕事をする事でさらにイベントをうまく回す事ができます。


この件に関連して、最近は性善説に基づいているサービスが多い事を思い出しました。

話題になったCASHというアプリ。

要らない物の写真を取って事務所に送る事を約束するだけで即時現金化してくれるサービスは、売るものをお客さんが確実に送ってくれる事を信じています。

PayPayもそうです。お客さんが自分で金額を入れてくれることを信じ、お店がPayPay支払いのお客さんの決算をPayPayですると信じるています。(もしお客さんの現金払いを後からお店が現金払いすると20%キャッシュバックを受け取れちゃう可能性があります)

人を信じるだけで、大きな支出カットになり、新たな価値創出に繋がるのだと思いました。


もう一つ別の視点で気づいた事は、人は目の前の仕事に集中したり、疲弊すると、自分がやってる事が本当に効率が良いのか、合理的なのかわからなくなってしまうという事です。

注意してくださった方の存在は本当に大きいです。頭をガンと打つ事によって一つ後ろ側のフレームで考え直す事ができました。

客観的に注意していただける人の存在は本当に大きいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です