選ばなかった選択肢

選ばなかった選択肢に対して思いを巡らせ、期待する事は愚かだと思う。

後悔の仕組みだ。

最近は、選ばなかった選択肢について考えることをほとんどしなくなった。

無駄な事を考える代わりに、今を楽しみ、感じる事に全力を尽くす事に専念する事が出来るようになった。

言い訳としての後悔をして、目の前を見ないのではなく、失敗に対してまっすぐ受け止められるようになってきた。

でもたまに、目に見えて、選択しなかった道の先が分かることもある。

それが、本当に大事な事、人に被害を与えているように見えてしまうと、今でもやっぱり後悔が止まらなくなる。

人間は思い込みの塊と分かっていても、勝手に考えてしまう事を痛感する。

冷静に判断できるだけの能力が欲しいような、でも、それも人間らしさのような…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です