いとこは芸大生

9年ぶりに大阪に住んでいるいとこに会った。

9年前となるとまだ12歳でギリ小学生の時以来だからほぼ覚えてない。

スケジュールが被っていて、別の用事の方に行きたいと思っていたけれど、なんとなく、会ってみることにした。

いとこって、話してみると色々共通点あって楽しかったりする事は、別のいとこと話した時になんとなく経験済みだから。


関西弁のお話好きの元気な女の子なイメージだったし、それは多分全く変わっていなかった。

でも、いつのまにか芸大生になってて、舞台演劇してる。

それにはとても驚いたし、“表現者でありたい”という思いは凄く通じるところがあった。

すぐに話が合って、私が普段考えているような、これからの表現者の在り方とか、個性がより重要になる話だとか、幸福追求の話だとか、なんでもできた。

ここまで話せる人はそこまで多くないので、なんだかいとこって凄えぜ!と思った。

お互いの親は全く話について行けずに、別の話をしてた。


芸大生いいな〜。

変人変態の集いで、それぞれ個性を光らせ、そんな環境で切磋琢磨してる。

俺もそんな環境を作るなり、移動するなりして身を置きたい。

まだまだこれからですな。

One thought on “いとこは芸大生

  1. お互いの親は全く話について行けず・・・に、うけた。
    やましょうくんと芸大生の話、ついていけんやろうな〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です