こどもばんぱくが凄かったッス!

ふらっと寄った、こどもばんぱく。

こどもたちによる、こどものためのイベント。

各々が自分らしく、自分の好きなことを表現できる場所。

みんなが主役になれる場所。

このエネルギーは、なかなか感じれないです。

エネルギー半端ない。

私は塾講師をずっとしていますが、何故自分が教育に関心があるのか考えてみた。

それは「こどもが好き」という理由ではないような気がした。

むしろこどもみんなと関わると疲れるから嫌なので、逆なのではとも思ってた。

たぶん、こどもたちの何色にも着色されていない状態で、自分の感じたままに表現しようとしたり、そう意識していなくても伝えてくれるところに興味深さを感じてるんだと思った。

見たことない生物がどんな動きするか観察する楽しさのような…

でも今の教育では、せっかく面白い動きや表現を行う彼ら彼女らの姿が現れにくい構造をしてる。

みんなそれぞれ光るものをもっているのに。それが手段が目的化されてしまった思考停止の世界で埋もれてしまう事は悲しい。

僕に何かできることはないか。

そう考えた時に、一人ずつと話すしかないと思ったから、最近はその子らしさを感じるくらいまで話をするようにしている。

でも、このこどもばんぱくは、一人ずつの解決じゃない。

全員が同時に、それぞれの輝くところを表現していた。

ああ、これかぁ。

まだ言語化できないけど、多分シンプルなんだと思う。


僕もこどもの中に溶け込んで、たくさんのインスピレーションを得ることができた。

行って良かった!イエイ!


主催は中学生イベンター・中井けんとくん。

Fukukonだったり柳川のうずしおだったりで会ったりしたことあるけど、なんだろう、とにかく「新人類」感のある子ですね…

今日久々話したら、曲作りとかDTMに興味あるらしいので色々教えたい!

彼の作る世界、音にものすごい興味があります。ワクワク。


あと、中学生で絵を描いているShizukuさんのダークな世界観がめちゃくちゃ良かった!

中学生でここまで言語化と絵での表現ができるのは凄い!何か一緒に作ってみたいな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です