表現の凶器となりうる

思考する事が好きだ。

人間は文字を持ったから、自分の頭の中の概念を増やし、扱い、自分一人でも多くの事を考えられるようになってしまった。

この贅沢な遊びが好きになってしまった。


そして、それを表現する事も好き。

頭の中で抽象的な事柄を扱い続けると、自分の感情を切り離して客観視ができる。

メタ認知も、文字があるから考えやすくなった。

今までの人間ではなかなか到達できなかったはずの精神世界を、もしかしたらほとんど誰でも、やろうと思えばできるようになってしまったのかもしれない。

そして僕は音楽にすることもできる。

こんなの、思考と表現力という凶器なのかもしれない。

客観視した自分の感情を全力で表現にまとめて伝えた結果どうか?

永遠に相手を傷つける恐ろしい凶器を突きつけたんじゃないか?

また、突きつけられた事もあるんじゃないか?

人間は思い込みだらけなので、すぐに勝手に想像していっちゃうけども。

どうせいつも通り考えすぎだけど、なんとなくメモ。

まさに表現の凶器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です