覚悟

プロになるためには何をする必要がある?

答えは単純で、

名刺を作る。

つまり、プロを名乗るだけの“覚悟”があるかどうかを聞かれているだけ。


A:大学生しながら、働きながら、文章を書いています!文章を書くのが好きです!

B:プロの物書きをしています。まだ経験は浅いですが何でも全力でやります。

仕事を頼みたいのは明らかにB。

きっとBの方が連絡も早かったり、本当にそれで食っていくしかないから、全力だ。

実力あるとかどうとか関係なくて、単純に仕事もしやすいはずだ。

覚悟が違うから。

能力の違い、才能の違い、人脈の違い、学歴の違い、関係がない。


親に、自分のやりたい事、目指す場所を言うことができない?

どうして?

「価値観が違うから、そこをわかってもらわなきゃ」

「ひたすらに否定してくるんだ」

「小さい頃からこんな教育を受けたから」

「社会がそれを良しとしないから」

とにかくたくさんの問題があるとおもって、ひたすら、無意味に、価値観のすり合わせから話を初めてしまう自分がいた。

そんなことに一切の意味はない。

そんなこと、自分の覚悟が持てないから、ひたすら色々な言い訳を作り出してただけに過ぎないから。

人生が難しいのではない。

自分で勝手に難しくしている。

答えはもっとシンプルで。


アドラーの言う、人生最大の課題、

「愛の課題」

これも最後は、覚悟の問題なのだろうか。

今回の人生は貴方と過ごしたい。

その覚悟だけだとしたら、やっぱり世界はシンプルでいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です