好きと無関心の緩急

ディズニーランドに行きたいと思っている人がいたとして。

楽しくて、ずっとずっと居たいと思う。

じゃあずっとディズニーランドに居たらどうか?

生まれた瞬間からずっといたとしたら?

きっと感動は生まれてこない。

ディズニーランドに入って、出るからこそ、面白い。

出たから、嫌いになったわけじゃない。

それぞれの生活に戻り、しばらくは“無関心”である時間を増やす。

たまに思い出して、行きたいなと思う。

その緩急が、本当に楽しいのだ。


ラーメンも同じだった。

昨日、よく行くつけ麺屋で友達と話しながら思った。

たまに来るから、本当に楽しい。

毎日食ってしまったら、それはわからなくなる。

「あのラーメンを食い終わった後の寂しさ、いいよね」


好き、という感情はイベントに対して起こっている。面に対してとも言える。

人や具体的な物、場所に対して言うことができない。それらは様々な面を持つ複合的な存在であるから。

人なんか気分や環境によって変わるから。

じゃあ、ずっと好きではいられないはずだ。

じゃあ嫌いになる?

違う。

好きの反対は嫌いではない。

無関心だ。

好きな時間だけではなく、無関心な時間があってもいいじゃないか。

近づきすぎたら、一旦自分を見るために無関心になってもいいじゃないか。

自分らしさがある状態こそ、人は輝き、魅力を放つのだ。

そんなあなたが好きだと言っているのだ。

好きになったり、無関心になったりして、緩急を楽しんでいける関係でありたい。

そんな器用な事できない?

器用なことではないと思う。

恐れず、シンプルに、自分の感情に耳を澄ましていればいい。

そうすれば、自然に緩急をつけられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です