iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 part1~音の取り込み方~

 

こんにちは。早速ですが、前々から要望の多かったiPhoneだけでBreakbeatsしてBreakcore作る方法を書きまとめようかなと思います。今回は使用するアプリや音の取り込み方についてです。

 

自分は以前(y=0t という名義で)iPhoneだけでBreakcoreをつくっていました。あのときは正直、パソコンのDAWが買えないから仕方なくiPhoneだけでできないかな~と思ってやっていたことなので、思った以上に反響があってビックリしていました(当時高校生)

 

こんな曲を作っていました。どちらも完全にiPhoneだけで作っています。



なんか、久々に聞いたら今よりもかっこいい曲を作ってて悔しくなりました…

 

iPhoneで作る最大のメリットはやはり、いつでもどこでもどんな体勢でもできるところでしょう。通学の電車などでよく作っていました。また、コストがほとんどかからないことも良い点です。

DAWアプリが1000円程度で、それさえあれば作ってしまえるのでほんとに誰でも始められます。

聞き専だった人もこれを機にブレイクコア制作を始めてくれたら、ほんとにたくさんのアーティストが生まれるんじゃないかなと思ってます!ワクワクしますね!!!

 

 

それでは早速、準備するものから見ていきましょう。

  • iPhone(当たり前)
  • Beatmaker2(アプリ)
  • DropboxもしくはFileZillaやFTPソフト(PCソフトです)
  • AmenbreakやブレイクビーツをするためのLoop素材、その他音の素材
  • MusicStudioやNanostudio(あるとより良い)

 

書いてて思ったのですが、Breakbeatsって何??っていう人もいるかもしれないので補足説明しておきます。

ブレイクコアを作る主な手法としてブレイクビーツと呼ばれる手法があります。これはドラムのループ素材をフレーズごとに分解して順番を変えたり複製することで新たなループのフレーズを作る、という感じです。

主にこの手法をたくさん用いて制作します。そのためどうしても刻むための元の素材が必要になります。それをアプリに入れるための方法を今回はまとめようと思います。

 

Beatmaker2は1400円です。DAWにしては破格の安さ!(そしてわけのわからないUI)

こいつがあればBreakbeatsできます。一番下のMusicStudioなどは、あるとメロディの打ち込みができるって感じです(Beatmakerの音源がしょぼいので私はウワモノは必ず外部のアプリで鳴らしていました)

さっそく作るぞ!と行きたいところですが、まずはLoop素材をiPhoneへ入れるところから始めましょう!

 

まずDropboxで送るのがもっとも簡単なのでその方法から書きます。

Dropboxを使う方法

 

まずDropboxに登録していない人は登録しましょう。そしてDropboxのアプリを必ずiPhoneに入れておいてください。Dropboxわかんね~て人は調べたら使い方がたくさん載っているのでここでは手順を省略させてもらいます。

 

そしてパソコンでDropBoxを開いてLoop素材をアップロードしておきましょう。(ここは頑張ったらiPhoneだけでもできるかもしれませんがPCでやるのが楽でいいです)

Wav形式のみ対応しているのでWav形式の音声ファイルにしておきましょう。

それではBeatmaker2を開いてみましょう。このような画面が出ますのでNEW PROJECTを押してください(とりあえず)

すると楽器を選べと聞かれるのでとりあえずAUDIO TRACKにしておきましょう。

 

そしてこの画面になったら画面上のCURRENT PROJECT:UNSAVEDと書いてあるところのすぐ左の「パソコンの画面とスマホ」のアイコンを選んでください。

 

この画面になったら、DROPBOXを選択

 

開くを選択して連携します。

 

するとファイルが見えるようになりました!

 

iPhoneに送りたいファイルを選択して、真ん中の下の◀を選択。

 

転送されます。

 

転送完了しました。こんな感じでファイルを送りましょう!また、MY CONTENTSの右側にある+でフォルダを作ることができます。フォルダを開いた状態で◀を押すことでそのフォルダ内に転送できます。使いやすいように工夫してみてください。

FileZillaやFTPソフトを使う方法(PCが必要)

FileZillaをインストールしてBeatmaker2公式マニュアルの71ページ以降を参考に設定します。(検索すると出てきます)

FTP形式なので、ほかのFTP転送ソフトでも大丈夫だと思います。最初の設定が面倒ですが、こちらのほうがまとめて転送できるという点で楽です。

 

 

こんな感じでとりあえず、今回は音のインポートの仕方でした!ブログを書くこと自体初めてなので拙い部分も多々あったと思いますが、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

丁寧に書いたつもりですが、わからないことがあればTwitterのほうで質問していただけたらしっかり答えます!

次は早速どのように刻むかを説明します。明日明後日には投稿したいと考えているので、引き続きよろしくお願いします。

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.2 ~BPM合わせ~

前回は音の素材を導入しました。今回はBPMの合わせ方です!(早く刻みたいですね、もう少し頑張りましょう!


 


前回通り、NEW PROJECTからAUDIO TRACKを開いてこのような画面になっていると思います。ここで左下の90.00と書かれているところを選択。


 


再生や録音、BPMなどの設定を行うバーが出てきます。まずBPMを設定しましょう。1番右のSONGを選択。


 


BPMと書かれた所の+、またはBPMの部分をスライドして変更します。とりあえず200に。


 


設定したらもう一度同じボタンを押して閉じ、次は1番上のバーの左、棚のような(?)アイコンを選択。


ここは実際に曲として鳴らすSONG画面です。ここで最初にインサートしたAUDIO TRACKがTRACK2に入っていることが分かります。ではここにさっそくループ素材を入れてみましょう。画面の白丸で囲んであるプラスボタンをタップ。


何を追加するか聞かれるので、IMPORT SAMPLEを選択。


前回インポートした素材はMY CONTENTSに入っているのでここをタップして使いたい素材を選択し、LOADします。


このように素材がロードされたかと思います。しかし、素材と曲のBPMが合っていないのでこれでは上手く刻めません。(どこかのすごいアーティストはBPMを合わせないらしいですがそのひとは例外です)


配置した素材をタップで選択します(下のバーのDRAWの左のSELECTを選択していると選択モードになります)上の図にあるペンマークのアイコンを選択。


音の編集画面になりました。下のバーの「BPM NOT SET」を選択してBPMを計って設定しましょう。


 


BPMは先ほどのようにプラスやスライドで調整して、決定するときはDONE


 


設定したら次はいよいよプロジェクトで設定したBPM200に合わせる作業です。Time Stretchを使います。図のように左下を「SAMPLES EDIT MODE」にしておきます。SELECTを選択した状態でサンプル全体を端からスライドさせて


 


薄い黄色の選択状態にします。ここで右下のPROCESSを選択


 


TIME STRETCHを選択


 


1番上のBPMを合わせたいBPM(今回は200)へ合わせます。そしてPROCESSを選択。


 


BPM200になったことを確認してその音データを保存するために左上のバツボタンの右側を押して上図のような画面にします。ここでSAVE ASで名前を変更して保存します(Bpm200Verなど付けるといいです)。


  


今回はaaと付けていますね。これは悪すぎる例です。(おい)


これでBPMが合いましたのでいよいよ後は刻むだけですね!!

Part3