僕らはなにかを信じたい

今からしばらくは随想を書きたい時期に入りそう。


僕らは何かを信じたいし、信じるべきだと思う。なぜなら、信じていたら一人で苦しまなくて済むことがあるから。

あ、これは宗教の勧誘などではなく、ただ、誰かを信じたり、考え方を信じたりする事、大事だよねというだけの話。

宗教などではわかりやすく「信じていれば救われる」という。それは信じているから、苦しみという一人部屋で、一人ではないよと言ってくれると感じるんじゃないかな。

科学は信じる事で生きやすくなる。りんごが落ちるのは重力だし、空気は目に見えないけど存在するし。うまく活用して生活を便利に。

家族も、絶対的な安心感は人を一人ではないと思わせてくれる。


信じやすさは、そのものやその人自身によって様々だが、その人にとって信じる事が簡単なものは、影響は少なく、信じる事が難しいと思っているものを信じた時、人はすごく推進力を持つと思う。

推進力を持つ、というのはそれが前か後ろかはわからないから。

一つだけを信じているとその推進力はどこに向かっているか分からず、コントロールもできずに暴れる。

だからもう一つ信じてみると、両輪で左右に曲がれる。

3輪になると安定感がある。

4輪になると大きいものを運べる。

生きていくということは、少しずつ、自分が信じられないと思っていたことを、真正面からぶつかってみて、自分と向き合って、信じるものを少しずつ落とし込んでいくことなんじゃないかなぁ。

君と踊る、世界とともに

君と踊る、世界とともに

歌モノを作りました。

最高傑作になりました。

あとでドカンと公開します。


揺れて踊る

君と私

世界踊る

君と私

君がいなきゃ

私がいなきゃ

世界は無いの

世界は踊る

私、貴方と

生きたいのです

貴方と咲かす

桜の花が

積もり積もった

その中で さあ

永遠に踊ろう


いま

君がいて 世界は踊り出す

風が吹き 木々は踊るの

踊れよ踊れや

世界と踊ろう

風を起こすのは

君と私なの

君がいて 世界は踊り出す

風が吹き 木々は踊るの

踊れよ踊れや

世界と踊ろう

風を起こすのは

君と私なの

降り止まぬ空の雨に泣く

空が消え光を失う

踊れよ踊れや

世界と踊ろう

風を起こすのは

君と私でしょ?

君がいる

それだけで奇跡 でも

いつまでも 共にはいれない

いつかの終わりを迎える時には

二人で世界を踊り明かしたなら

それでも、それでも、儚く散るなら

美しく死体を共に残しましょう


今雨は止み

空は晴れ渡る

君と私は共に生きてる

それならそれなら ただ手を繋いで

二人で世界踊り明かした後

それでもそれでも世界続くなら

美しく共に空に飛び立ちましょう

ビリーアイリッシュ、音がエッチすぎ!やんけ

ツイッターやりたくないけどツイッターみたいな事言いたくなるので、ブログにツイッターみたいな事書きます!

ビリーアイリッシュ、えっちすぎ!

今めちゃくちゃ注目されてるので、ふーん、くらいにしか思ってなかったし、bad guyスピーカーで聴いても最初はホーン(㍂)くらいにしか思わなかった。

でもこれイヤホンで聴いたらアラビックり!!糊!!

ASMRやんけ!

ASMRとは、イヤホンのLRを上手く利用して立体的な音を作り、人類をえっちな気持ちにさせる音声のことです!!!!(クソ適当に書いたので詳しくは調べてください)!

はーーーーーーーーズルい!

オレも早く人間をえっちな気持ちにさせたい!えっち人間!

というわけでね、ちょうど今、ASMR音源で曲を作ろうって企画が出ているのでね、人類全員えっちな気分になっちゃう音を作るぞ!


ビリーアイリッシュSpotify

https://open.spotify.com/artist/6qqNVTkY8uBg9cP3Jd7DAH?si=yJINc8GXShSGt2W7fjCPug

LABB RADIOがPodcastで配信中です!

Youtubeだけでなく、連続で聴きやすいPodcastでも配信しています!

ちょっとした作業のお供に。

長距離の運転などに。

寝る前に、是非!


Google Podcast

https://www.google.com/podcasts?feed=aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy9kOWFiOWJjL3BvZGNhc3QvcnNz

Breaker

アプリで聴けます。

https://www.breaker.audio/labb-radio

PocketCasts

App名: Pocket Casts、デベロッパ: Podcast Media LLC

https://pca.st/Ze9lHG

RadioPublic

https://radiopublic.com/labb-radio-85Dodn

Anchor

https://anchor.fm/u5c71u672cu7fd4u592a


LABB RADIO #14

「LABB RADIO」#14

Breakcore、IDMを愛する現代音楽アーティスト”やましょー”と、いいかねPalette代表:樋口聖典の二人が自由気ままにお届けするラジオです。

ヨーロッパ編第二弾。いよいよヨーロッパ編の本題に入っていきます。

やましょーはヨーロッパで何を感じたのか。何を悟ったのか。

樋口さんにぶつけて、さまざまな価値観を考えます。

ヨーロッパに行って様々なことを感じてきたやましょーが、樋口さんに質問したり、価値観を共有して、ガンガンにパラダイスしていきます!!

Youtubeだけでなく、連続で聴きやすいPodcastでも配信しています!

ちょっとした作業のお供に。

長距離の運転などに。

寝る前に、是非!


Google Podcast

https://www.google.com/podcasts?feed=aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy9kOWFiOWJjL3BvZGNhc3QvcnNz

Breaker

https://www.breaker.audio/labb-radio

PocketCasts

https://pca.st/Ze9lHG

RadioPublic

https://radiopublic.com/labb-radio-85Dodn

Anchor

https://anchor.fm/u5c71u672cu7fd4u592a

収録@いいかねPalette http://palette.jp.net/

番組へのご意見・ご感想は https://twitter.com/yokkun_52 まで。トークテーマも募集中です!

 

中二のときアメリカ語学研修行ったレポートを掘り返したらすごいこと書いてた

中学二年生のときに、通っていた英会話教室でアメリカに行きました。

初海外で中学生の僕が何を思ったのかがレポートとして残っているものを発見しました!興奮しますね!

さっそく見てみましょう!


【一日目終了】

飛行機乗ってロスに着いて、それからバスでホテルに向かって、ご飯食べて……気づいたら今の時刻は夜の10:25。

晩ご飯で、店員に「Excuse me? A hot chocolate please?」とココアを頼んで見たが、全く通じ無かった。ココアの発音が悪かったようです。発音が悪いだけで、全く通じなくなる事がわかって正直ショックだった。

サポートや店員さんの優しさがあってやっと通じた。「はっちょっこれぃ」みたく言えば通じるようです。

初日からとてもイイ経験ができた。とてもいい語学研修になりそうです。

明日はディズニーランド!(ジェットコースター勘弁して)

ʕु•̫͡•ʔु ✧


かわいいすね。ちゃんと海外に来たんだから英語勉強するぞ!と意気込んでます。


【4日目終了】

今日アイスクリームをオーダーした。

Shota”Can I have Dippi’n drop(っていうアイス)?”

Castomer”OK. What kind of?”←たぶん違うけどこんな感じに言った

S”Let me see…What’s your recommend?←ここをがんばった

そういうと、オススメの味を出してくれた。自分の言ったことが伝わってすごく嬉しかった。アイスクリームは、とても美味しかった。

ps

ディズニーランド・カリフォルニアアドベンチャーの中で最強のジェットコースターに乗った!ジェットコースター大嫌いな自分がまさか乗るとは思わなかった。

でも凄く楽しかった!

 


これまでジェットコースター嫌いだったのが、爆笑しながらガンガン乗れるくらい好きになりましたw

さて、ここから本題の5日目です。


【5日目終了】

この日を僕は一生忘れないと思いました。

今日は語学研修の趣旨の「英語を学ぶ」ということだけではなくう、もっと他のことがわかった。

今日は語学研修のアメリカに居られる最終日。僕は帰りたくない気持ちでいっぱいだった。

この話をする前に、ちょっと2日目の事を話します。

2日目の最後、みんなが疲れていて、さらにもう夜10:10なのに、スティーブン(先生)は11:00まで居ようと言って、アトラクションにみんなを乗せようとした。乗りたいと言っている人がいたけど、僕は頭が痛いほど疲れていたし、他の何人かもとても疲れて立っているのもままならないという感じだった。僕はもう堪えきれなくて、スティーブンに文句を言った。

「みんなきつそうでしょ?なんでそんなにまでして居なきゃいけないの」

そういうと、帰る事になった。嫌な終わり方だった。

この時僕は、スティーブンはきっと何も考えてないんだ、と思っていた。

でも、次の日からスティーブン先生はみんなのことに凄く気を配ってくれた。昨日の事は「みんなに出来るだけたくさん楽しんで欲しい」と思ってのことだとわかって、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

ディズニーランドに行って今日は過ごした。乗ってないアトラクションに乗って、後は2つとなった。しかし、時間の関係でどちらか一つにしかのれなさそうだった。

そんなとき先生はいろんな係の人びに必死で「乗れないだろうか」と頼んでくれた。最後の最後に、いい思いでを作って欲しいと思っているんだと思った。時間は夜で、先生はとても疲れていた。

そこまでして、みんなのことを思ってくれて凄く優しいと思って感動した。

一生懸命な先生の頼みのおかげで、アトラクションに乗ることができた。

乗り終わって丁度、花火があがった。まるで計画されていたかのようなタイミングで花火があがって、みんなでそれを見た。

本当に最高の終わり方だとおもった。それも全部、スティーブン先生のおかげです。

“Stephen‼ Thank you very much!”

とスティーブン先生に言うと、みんなもつられて、お礼を言った。

向き直って花火をみると、なんだか凄く感動して「語学研修に来て本当によかった!」と思った。嬉しくて涙がでるくらい、感動できた日だった。

スティーブンのような、人のことを考える、気を配る事は、今後の生徒会でも、学ぶべきことなので、自分もスティーブンのように、優しくて、おもいやりのある人になりたいし、そんな学校にもしたいと思った。


書いている通り、たしかに、一生忘れない時間です。今でもあの時の花火を思い出します。

旅行中で、先生が僕ら生徒をちゃんと見ていないという誤解をしてしまいます。たくさんの生徒をほぼ一人でまとめつつ、自分も楽しんでいたので、ちょっと目の届かないところもあったと思います。

そんな先生を「何も考えていない人だ!」なんて思ってしまうほどには、心と体が追い詰められていたことを思いだします。

人間関係って、誤解と価値観の不一致の連続です。でもそれに人はいつも気づけなくて、一度ぶつかるしかないです。

でも、ぶつかってしまうことを恐れて、何も挑戦しないのは違います。

ぶつからないと誤解も価値観も見えてこない。どうしてうまくコミュニケーションが取れなかったのかは、人から教えてもらったり、本で読んだりしても、しっかり腹に落ちないものです。

この文章をよんで、この時からずっと挑戦してぶつかってを繰り返していたんだなと思うと、今の自分は勇気をもらえました