Youtube いいかねPalette通信に出たよ

ついに顔出しYoutubeデビューしました!

自分のことや、音楽制作のこと。今後のこと。いいかねPaletteのこと。話してます。

意外と色々落ち着いて喋りまくれたのも、毎週のラジオのお陰ですね。ありがとうございます🙏

行動指針とは何か

最近はやりたい事などあるけれど、なんだかすごく遠くて、いまから何をしても届かないような気分に陥ってしまっていました。

多分、普通に生きているだけでたまにそんな時期が来てしまうのでしょう。

そうなってしまったので、とにかく不安症対策としていろいろ書き出したり、目標を定めてみたり、DaiGoの動画をガンガン見直したりしました。

でも結局すっきりするのはこの記事を読んだ後でした。

樋口さんのブログで一番すきな「指針を定めよ」です。読んでも読まなくてもこの記事だけで読めるようにはしますが、一番下にリンクを張りますのでよかったらぜひ。

特に今回は以下の個所にかなり納得しました。

まず、目標を定めてないから、毎回何かを決断するために演算する。
その演算過程がシンプルではなく煩雑なので、迷う。間違う。一度出した答えを疑う。
それで、計画を立ててみたりします。
ややこしいことに、僕は苦手ながら計画を立てることもできなくはないし、知識として、大きなプロジェクトや人を巻き込んだプロジェクトは計画性が高いほうが上手くいきやすいことを知っているので、稚拙な計画を立ててみたりします。
ただ、そこに少しでもアラがあると、完璧主義である自分が顔をだし、100点満点をめざして軌道修正したくなってしまう。
そうすると、自分の中では完璧に立てたはずの計画にほころびが生じ、そうなると計画を実行するのが馬鹿らしくなってしまう。こうなると計画なんて意味をなしません。

僕も樋口さんと同じく、自分のことを「現場対応型」に近い人間だと思っています。計画よりもその場で物事に対応していくことを好むタイプです。もう一つのタイプを目標達成型と言っています。とにかく決めた目標に向かって突き進むタイプです。

このようなタイプの私ですから、今頭の中をぐちゃぐちゃにしている、何かを決断するための演算がまさにこの文章のような状態で回り続けています。

言葉にするのが難しすぎて歯がゆいですが、いつも現場対応していたから今の自分の力が最大化されているのに、突然、大きな目標をかかげて計画的に進もうと思っても、無理だという感じです。

人間は今までの成功体験などをもとに自分の未来を予測、計画することが普通ですから、今まで現場対応してきた様々な外的要因など加味して計画を立てることなど複雑すぎてやってられない~~と思ってしまいます。

自分の感覚に着目して判断を下し続けてそれが自分を作ってきたため、自分の感覚だけが中心であり、シンプルだった世界が、突然、外的要因や地球全体を加味した宇宙についてを演算して計画しなければいけないような気分になるというような感じ。

ああ、つたわるのかな、まあ自分の中で整理できたのでよいです。


こんな感じなので、じゃあどうするか、その答えが続きに書いてあってその通り過ぎるので、もうあきらめてそのまま引用したいと思います。

行動指針を定める

じゃあどうするか。

まず、目標、計画を暫定的に決める。
それで、そのあとに、その目標に向かうためにレールをしくのではなく、目標に向かっていきやすいベクトルの方向性を決める、です。
方向性が大きく間違ってなければいつか目標付近に着くでしょうし、そもそもレールがなく、目標も暫定的に決めたものなので、ピッタリ到着しなくてもいい。

ここでいうベクトルを具体的に言うと、行動指針を定めるということです。

ざっくりですが、目標達成型の人は、未来に目標値を定めて、そこに突き進めばいいと思います。
対して、現場対応型の人間は、自分の行動指針を定めて、その瞬間ごとにそれに従えばいいと思います。
じゃあ、自分の行動指針とはなにか。

ここが問題なんです。これが、おそらくずっと明確じゃないのです。いまだにわかっていません。
おそらく、現場対応型には、刹那しかない。「いま、ここ」しかない
ただただそれを繋げていくと線になり、それを積分すると資産や実績になる。
それを続けていくことになるんですが、指針がないと、もう迷いまくり、グラつきまくりなんです。

じゃあ、どうやったら行動指針を決められるのか?

 

僕が想像する一つの答えが、まずは自分を知ることです。

じゃあ、どうやったら自分を知れるのか。
それが、「自分の煩悩と徹底的に向き合う」ことです。
煩悩、つまりを道徳や美学を妨げる心の闇を知ることこそが、最も自分の心の輪郭を教えてくれると思っています。

ここでかなり納得しました。最近はまさに自分の煩悩と向き合うことを忘れています。小さいことですが、なんとなくコンビニチキンを食べてしまうことがあり、体重が増えたし、今やらねばならないことを後に回してしまうことが多い気がします。なにより、それに向き合うことも忘れた自分がいるから「気がします」なんだろうな。

ということで、2020年度の僕の抱負は「自分の煩悩と徹底的に向き合う」としました。
それにより、自分というモルモットが一体どんな心の動きを見せるのか。とても楽しみです。

ということで、2019年度の僕の抱負は「自分の煩悩と徹底的に向き合う」としました。
それにより、自分というモルモットが一体どんな心の動きを見せるのか。とても楽しみです。

引用元:

指針を定めよ

remain for SkyTeaHouse

大好きな天空に、楽曲を提供してみましたシリーズ第一弾!

曲名はremainです。

夜に周囲の音を録音し、その時の気持ちでメロディーを作りました。

天空の茶屋敷オーナー、治郎さんのFB投稿はこちら

Youtubeで視聴できます!

やりたいこと書き出し会あ

なんかすごい、何もやる気が起きない日でした。

やりたいことたくさんあるのになーんだろう。

とりあえずやりたいこと、不安なこと全部書き出してみた。

おーいっぱいやりてえんだな。

不安も書き出したけど、よく考えると2つだけだな。

お金をどう稼ぐかと、親どう向き合って生きていくか。

んーこれはちょっとずつ一歩ずつだな。

彼女ともたくさん書いて共有したので、後は具体的な行動を変えていくだけだね。

明日は手描きの手帳を買おうと思う。

こういう、自分の振り返りのための文章は手帳に書いて、ブログはもっと伝えたいことを書くようにしたい。

最近はブログ書くのがなんだか難しい。

一歩ずつだから、小さいものを積み上げてくしかないね。

LABB RADIO #18

「LABB RADIO」#18

Breakcore、IDMを愛する現代音楽アーティスト”やましょー”と、いいかねPalette代表:樋口聖典の二人が自由気ままにお届けするラジオです。

インターネットによって、今の価値は下がったのか?
インターネットで4次元に存在できるようになったのは良いか悪いか?

人間の脳みそは、今の情報量に耐えられているのか?

一緒に考えてみよう。

収録@いいかねPalette http://palette.jp.net/

番組へのご意見・ご感想は https://twitter.com/yokkun_52 まで。トークテーマも募集中です!
Youtubeだけでなく、連続で聴きやすいPodcastでも配信しています!

ちょっとした作業のお供に。

長距離の運転などに。

寝る前に、是非!

Google Podcast

https://www.google.com/podcasts?feed=…

Breaker

アプリで聴けます。

https://www.breaker.audio/labb-radio

PocketCasts

App名: Pocket Casts、デベロッパ: Podcast Media LLC

https://pca.st/Ze9lHG

RadioPublic

https://radiopublic.com/labb-radio-85…

Anchor

https://anchor.fm/u5c71u672cu7fd4u592a

許せる人は強い

許せる人は強いと思った。

許すということは、自分のコントロールできない範囲を認めて、自由を与えるということ。

自分でコントロールできない範囲は、とても怖いと思う。

そんな範囲にあるものを許して、背中を押してくれる。

そんな人はすごく強いし、そんな人になりたいね。

アナログゲームおもしろい

昨日、いいかねPaletteでアナログゲーム会に参加した。

デジタルでいろいろなゲームが楽しめる今だからこそ、アナログで楽しむゲームは新鮮ですごくおもしろかった

初めにやったゲームは「コンプレット」

http://www.mobius-games.co.jp/Schmidt/Completto.html

これ、頑張ればこの先どうしたらうまく進められるか読めるような気がするけど、それを考えようとすると人間の一時記憶領域では足りないみたいな感覚になります。将棋みたいな感じ。

タイルを手で触りながらの操作もなんかいいなと思う。

次はFischer’sがやってたNGワードゲーム。

ただ話すだけでは味わえない独特の緊張感が良かった!

とくに、ふつうに話すよりも相手の発言に注意を払ってるから、たくさん話が入ってきて面白かった。少し話せるようになってきた関係でこれをやるとよいかも。

あと意外と自分のNGワードよりも、他人の見えてるワードをうっかり言っちゃうことが多かった。