ただいまიაპონიაში

イアポニアシ=日本

帰ってきた!成田着いた!

明日朝6時羽田発!

時間帯うぜえ!

さすが格安航空券!

コンビニの国、コンビニチキンうまい!

ラーメン食べたい🍜

休憩したい!

ジョージアで作った曲と映像まとめ

今日、また大きな変化への旅立ち。

2カ月過ごしたジョージアを離れる。

楽しいことも苦しいことも嬉しいことも悲しいことも全部ひっくるめて、最高な時間だった。

自分の決断で描く世界はこんなに色鮮やかなんだなって思った。


これまでブログの文章としてたくさん振り返ったけど、今日は作った作品で振り返る。

小作品ですが8曲ありました。


オールドトビリシを歩いた映像から。


カカシハウスのあるゴチリゼ駅周辺。

色々慣れない環境で外に出るのも辛かったけど、周辺の散歩は好きでした。


トビリシの観光中心地、ナリカラ城。


仕事頑張りながら飲んでたエナジードリンクに勝手に曲を付けた。


3カ月ほど作っていたIdolaの映像を完成させた。偶像。


カカシハウス管理人をしてる清花ちゃんのイラスト名義火星人とのコラボ。

絵を見た感想を音と映像で。


カカシハウスを抜け出して、一人で作った自分らしい音を追求した新曲


帰国したくなさを表現した曲


何にも囚われず、ただ自由に音楽作って仲間と過ごして本当に充実の日々でした。

最後は自分らしい音を鳴らすことができたりして、すごい嬉しかった。

帰ってくるかもだけど、一旦さよならジョージア🇬🇪

さあ日本でも暴れましょ🇯🇵

帰る場所

明日は帰国だ。

振り返る。

12/15、この場所から抜け出してやると叫んで大学に行くことを辞めた。

12/25、ジョージアに行くことを決めた。

1/2、ジョージアへ。

最初はひたすら硬水に苦しめられ、初めての人だらけのコミュニティーに苦しみ、初めての仕事に苦戦した。

慣れない環境に馴染むことに必死で、楽しむ余裕がなかった。

それからだんだん慣れて、仕事も色々な改善をし続けてうまく回るようになった。すごく楽しい。

新しい人との関わり方も上手くなっていった。

2/11、さらに変化することを決め、カカシハウスを出て、トビリシ内の様々な場所で民泊。自分の時間を作り、歩き回り、この国を楽しんだ。

その後、ウイルスが流行。アジア人差別が激しくなりながら、いろんなことを考えた。

帰国したら、やることがたくさんあるな。

昨日はすごく嫌になった。

いや、ここ一週間はしんどかった。逃げる前の場所へ帰るのが怖いとか、それから先どうしようかとか、考えても意味のない悩みに苛まれて潰されそうだった。

でも、カカシハウスに今日戻って、みんなそれぞれの悩みや苦しみの中で生きてるって思った。

向き合うのはキツいけど、これからも一緒に面白いことしたいし、楽しも!

家族とちゃんと話す間もなく家を出た。

ゆっくり話してみよう。

大丈夫、きっとうまくいく。

住む場所と生まれた場所

ムツヘタに行った時、ジョージア人女性が英語で話しかけてきた。中国に一年ほど住んでおり、来週からまた中国に行くそう。

ジョージアで生まれジョージアで育ったが、家族とか人間関係で色々な問題があって鬱になり、友達の紹介で中国へ飛んだそう。そこで新しい生活を始めることができ、とても楽しそうだった。

その境遇、なんとなく似てるなって共感して、一緒にご飯を食べに行った。

中国や日本は、楽しい遊びがたくさんできるし、なんでも手に入り、医療の発達している国だからとても安心だね!と言ってた。

たしかに、僕ら日本人はものすごい恵まれた環境で、病気したらいつでも安心できる医療を受けられる。至る所にあるコンビニ、どこでも届くAmazonでお金があればなんでも手に入る。

僕らはその環境に慣れてる。

少しの風邪でもすぐに病院で薬出してもらって、少しの空腹ですぐにおいしいチキンとかスイーツを食べ、欲しいものをワンクリックで買ったりしている。

でも、なんだかハッピーじゃなさそうなんだよね。

そんな感じのことを少し言ったけど、「医療が受けられて、なんでも買える環境なんて、絶対ハッピーだよ」と言ってた。

ジョージアにきた僕は、交通費やタクシーが安くてどこでも行けて、ご飯美味しくて、都会でもすぐに自然がたくさんある場所を散歩できて、使わなくなった服などを集めて売っている大きなマーケットがあって、犬猫と一緒に暮らせるから最高だねって思った。

こうやって考えたら、幸せって自分の基準との差だし、自分の中から出てくるものだねと思う。

人と居て疲れる条件についての考察と、マザーテレサ

以前、会話人数限界という題で人と一緒にいるとき、どうしてめちゃくちゃ疲れてしまうのかを勢いで考察して、たくさんの共感や意見をもらった。

しかし、書いた後にいろんな意見を聞いているとただ単に人数の限界があるという説明だけではしっくりこないなと思った。

今回はその続きの考察をしていく。


結論から言うと、会話に参加しなければならないという強制力を感じている時間が長いと、疲れると思う。

その強制力はほとんど自分で勝手にそう思い込んでいることが多い。

そしてその強制力は自分が「相手の中の正解を探そうとする思考」によって引き起こされていると思う。

これに至るまでに考えた事例を一つずつ挙げていく。


大人数で話しているときに疲れてしまうときについて。

これが起こるのはよく知らない人がいるときだと思う。

初対面で何をどう話せばよいかわからなくて、とりあえず相手の中の正解を導き出そうとして会話の強制力を自分で生み出している。

また、ゲームをしているときなど(特に人狼ゲーム)はゲームの性質上会話に強制的に参加させられているような気持ちになる。これも会話に参加しなければという強制力が影響して疲れる。

大人数の時の対処法は、ひたすらスマホ見たり会話に参加せずに別のことしたりすることで休憩して、自分が離せそうなときに入ってハ話す。

ただ、ゲームをしているときや、尊敬している人がいるとき、ほかの事していると失礼に値するときなどは回避できない。それが難しい。

前回着目していなかった一対一でも疲れてしまうということについて。

これも相手が良く知らない人だったり、自分が尊敬している人や仲良くなりたいと思っている人と話しているときにおこる。

同様にとりあえず相手の中の正解を導き出そうとして会話の強制力を自分で生み出しているから。

話を引き出したいと無理して話を引き出そうとすると、疲れる。これも自分で作り出した強制力のせいだ。

ここで初対面の人で、関係的にもそこまで深くなければ、適当に別の事考えて休憩すればいい。しかしそれが失礼に値したり、仲良くなりたい人だからいろいろ会話したいと思ってしまうようだったら結構大変になる。そこに自分が強制力を感じてしまったら、めちゃくちゃ疲れてしまう。

 


大切なのは「自分が」勝手に強制力があると思ってしまうというところで、相手が悪いとか相性が悪いというわけではないところ。

同じ悩みをもっている人がいるかもしれないし、それならなんとかしたいと思うと思うけど、これって仕方がないと思う。

個人的な話だが、僕はお父さんと話しているとき、「相手の中にある正解を探す」という癖が全く抜けない。だから、意識していてもめっちゃくちゃ疲れてしまう。

思考の癖というのはその人の育ってきた環境の中で固まったもので「こう考えるのをやめろ!」といわれても、モノを捨てるように簡単には捨てられないものだ。

だから対策できないというわけではない。

ここでマザーテレサの言葉を引用する。

もし本当に愛したいのなら、

ゆるすことを学ばなければいけません。

ゆるし、そしてゆるしを請うこと。

責めるのではなく、ゆるしますということ。

まず和解し、一致しましょう。

会話に勝手に疲れてしまうような自分をまずは自分で許しましょ。

そして、疲れてしまうんですって打ち明けましょ。ゆるしを請えばいい。

そして和解したらいい。

自分は自分のままで良いと、おもいます。


マザーテレサめちゃくちゃ名言多いから、しんどいときは声に出して読もうと思う。

 

Gudauri

GudauriとKazbegi行ってきた。

カカシハウスライターの仲間と一緒に!

こんなところ泊まった。

みんなで語り合ってる。