生きづらくしているのが自分であるならば

久々に、大学をやめようと決意した日を思い出した。

あの日はなんだか突然死神が現れたということにしているが、実際はいろいろなことが起こっていた。


とても仲のいい友達がいた。そいつも本当にやりたい事があるけど大学が忙しくてなかなかできなかったり、漠然とした将来への不安を抱えていた。

大好きな趣味の話をしたり、大学や世間の理不尽なところとかおかしい点を言い合うのが好きだった。

お互い深くかかわっていくうちに、躁鬱なところがあると知った。

友達のほうが俺よりも何倍か激しい躁鬱に見えた。

精神科には通ってるらしいが、簡単なカウンセリングとお薬をもらうだけで改善しているのか甚だ疑問だった。

俺は自分探しに明け暮れていた。面白そうなところや行きたい国に行くことで自分を見つけようとした。

一緒に山奥に行って自然を感じ行ったりもした。

しかしそれはひと時の気休めにしかならなくて、精神的な不安定さは消えなかった。

友達は不安定さがかなりひどくなり、幻覚や幻聴、はげしい妄想に悩まされていた。

二重人格を疑ったり、様々な精神病をうたがわれた。俺もそれはさすがに療養したほうがいいと思った。

その後友達は療養を始めた。

ほんとうは大学もバイトも全部やめた方がいいと思った。それほどに自分の心を度外視しているように見えた。

しかし、それは周りには伝わっておらず、心を許している俺には打ち明けてくれた。

絶対に嫌なことなのに、なんで辞めないんだろう。

このままでは命まで奪われてしまうじゃないか。


話は変わって、俺には山奥のゲストハウスで出会った韓国の友達がいた。

出会って意気投合してメールを送り合う友達になった。

彼とのメールもこの時期くらいに、滞った。

彼が仕事のストレスで明らかに精神的に参っていた。

田舎に住んでじぶんらしく生きていけたら楽しいだろうに。

どうしてこうも人は自分が憎んでいる、苦しくなる道を選んでしまうんだろう。


コロナで世界が大混乱になる3か月前、俺は自殺衝動にかられた。いわゆる「死神が現れた」状態だった。

そして気づいた。

「嫌な道であるはずが、その道を選び続けているのは、自分の事じゃないか」

そして周りを見渡した時、なんとなく「本当は抜け出して、もっと自分らしく生きたいけど、それをしていない人」であふれていると思った。

まず俺が、自分が望んでいない選択を、人生から逃げる道を選択するのをやめて、人生に向き合う選択をしないと、俺の周りの人たちも変わることができない。

まずは俺が、自分らしく生きていこうよ。

俺が俺らしく楽しく生きてたら、みんなその道を選んでくれるに違いない。

俺が苦しんで生きていたら、うつになってでも大学に行って、自殺衝動に駆られた方がいいことが証明できるし、それはそれで面白いじゃないか。

そんな気持ちで、周りがやらないならまず俺が。という気持ちで大学に行くのをやめた。


今はしっかり療養でき、たくさん本を読むことでかなり改善してきた。

哲学や文学が良い。心を救ってくれる文章に触れた。

そうして久しぶりに音楽が楽しくなった。

心が健康になって初めて音楽が楽しくなるんだね。


今日韓国の友達から久々のメールが。

大学辞めてジョージアに行ったこと、全部話していた。

コロナの影響で自分と向き合った結果、仕事をやめて田舎に移住したいと考えるようになったそうだ。

それも、俺の行動を見て勇気づけられたそう。

ジョージアに行こうかな、なんて。

すごくうれしかった。

これからも俺は俺らしく生きていこう。


今日、大学の友達から久々の電話があった。

躁鬱はさらに悪化し、本格的な統合失調になったそうだ。

身体と同じで、あまりにもぶち壊されすぎたら心も元に戻らない。

悲しみとよくわからない強い感情でいっぱいになってきた。

俺も一歩間違えば統合失調になってた。環境変えたらだんだん改善してきてる。

生きづらい人を救いたい、人生のミッションのうちの一つかもしれない。


しかし、その人生を変える選択をするのは自分自身だ。どうやってもそれを手助けすることはできない。

なぜなら、生きづらい選択をしているのは、自分自身だから。

そういう人たちを助けようと躍起になるのは違う。

まず自分が楽しく生きていくことが前提で、そのおまけとしてついてくるものだと思う。

そのうえで、自分に何かできることがあったら、全力で助けたい。

僕は文章に救われたから、たとえばこんな文章でも、ここに残しておくことでだれかを救うことにつながるかもしれない。

ブログ書いてなくて起きたマン

寝る前に必ずブログをかく、という習慣を無理やり367日やってきたので、寝る前になんか違和感がある場合、ブログを書いていないということが多い。

ブログを書かないだけで洗顔や歯磨きをしてないに匹敵する気持ち悪さがある。

気持ち悪さとは、習慣の力で生み出せるのである。

ちなみに俺は洗顔も歯磨きも、していなくてもそんなに気にせず寝ることができる。

ブログを書いていないときの方が気持ちが悪くなってきた。

ウケる。

覚悟はしょぼくても良い

覚悟、それはすごく高い目標で素晴らしい、価値あるもので、誰がみても素晴らしいものである必要がありそうに思える。

しかし実際覚悟というのはむしろ人からよく思われない、むしろ反感を買うようなものであることでも全く問題ない。

なぜなら、覚悟というのは「自分の人生と本気で向き合った結果決めた行動指針」だから、人の評価について関係あると思うなら入れれば良いし、なければ自分の心に向き合ってさえいれば覚悟だ。

決めてしまえ。

しょぼくても良い。

※ワインおいしかった。今週もおつかれちゃん

明日から人生変える方法/ブログ毎日連続投稿365日目!

なんとですね、本日はですね、ブログ毎日投稿が365日目。

つまり1年間ブログを書き続けることができました!(ワイワイ)

まず、こんなに様々なことに敏感な人間が、今まで死なずに生きていて偉すぎる。すばらしいな。(自画自賛)

このブログを書き始めてから人生がいろいろ変わりすぎてほんとに面白いです。

というわけで、感想をつらつら書こうと思います。うえーい!


365日目の感想ですが簡単に言うと。

このブログを書くということ、これ自体が「生きる」ということであるなぁという感想です。

どういうことか?

自分自身を見つめること、生きること。

こちらの記事で現代を生きる事とは何かについて深く掘り下げました。

そこで僕は「自分と向き合い、自分という人生を楽しむ」ということが現代における生きることなんじゃないかなという結論に至ったわけです。

毎日ブログを書くということ、それはつまり、毎日自分と向き合うことになります。

自分と向き合うことが習慣になります。これはつまり、自分の人生を生きるスタートとなりました。

人生にとって劇的な変化をもたらしました。

毎日自分と向き合うと、人生はすごく山あり谷ありであることが客観的に分かります。

楽しくて心が躍るような日もあれば、つらくて命を放棄したくなる日もあります。

ブログなんてとてもかけそうにない日も、今の思いを、赤裸々に書きなぐりました。

中には死にたいと心から思っている日の文章、自分の過去を理由に足を踏み出さないことを正当化していたり、とても読み返したくないものもたくさんあります。

でも、こうして振り返ると、僕は自分の人生という最も面白い物語を読み始めたんだなという感じがします。


ブログを書き始めました。

親と思い切り言い争いました。

いいかねパレット代表の樋口さんと、お互いのブログを紹介するラジオを取り始めました。

言葉を大切にする、素敵な彼女ができました。

大好きな音楽の発祥の地、ヨーロッパに行って自分のライブができました。

自分の人生と向き合っていたら、大学に行くことがつらくなりました。

大学くらいは卒業しないと、と思って無理やり頑張りました。

ぼんやりとした不安で死にそうになったり、悪夢にうなされ続けました。

ある日突然、目の前に死神が現れてしまい、大学に行くことができなくなりました。

死ぬくらいなら今から海外を散歩したいと思い、ジョージアへ行きました。

ジョージアで仕事をこなしつつ、多くの友達ができました。

生きててよかったと心から思いました。

コロナで帰国。

親とまたけんかして、僕が発狂したので距離を置いて生活し始めました。(笑)

いいかねパレットに住み始めました。

何もできないまま、何かしなきゃと思っていろいろ手を出してみるも、躁鬱がひどくて何もできませんでした。

いっそ今やりたいことだけとりあえずやろう、ということで一日ずつ丁寧に生き始めました。

音楽制作もブログ執筆も読書もラジオもすごく楽しくなりました。

そうやって365日経ちました。


人生を変えていくきっかけになるものなんて、待ってても来ないっすね。

でも、難しいことじゃなくて、だれでも今すぐに始められるんだな。

毎日、ほんの数分だけ、自分と向き合えばいい。

具体的にどうすればいいの、と言われたら僕はとりあえず「毎日ブログ記事書いて」っていうと思います。

もちろん、僕の人生はこれからが本番というか、まだまだ始まってないくらいなのでこれからも続けていきます(というか現状は大学リタイアした、ただの休学中の躁鬱病ニートですので、全く以って偉そうなことは言えない)一緒に自分の人生を生きていく仲間になってくれたらうれしいですよ~~!

地域コミュニティーにおける外資採掘者

村作ってみたいなという漠然とした思いがあって、地域コミュニティーのシステムデザインについて考えたりする

自給自足をしつつも、インターネットを駆使して地域や村の活動をコンテンツに資金を稼ぐような人がいたらめちゃすごいシステムができる気がしている。

自給自足の人たちの活動を配信しまくることで地球規模の共同体に対して間違いなく価値を提供できると思う。

その対価として外貨を入手すれば世界に発信し続けられるし、娯楽の幅も無限に広がる。

ディスカバリーチャンネルの日常的なバージョン。

ビットコインみたいに、マイニング(採掘者)する人という感じ。

 

俺、食い物、寝床さえ確保したら、僕はあとはコンセントとインターネットさえあれば、やりたい音楽活動は無限にできる。ネット上での海外とのつながりが活動の拠点なわけだし。

地域における外資の採掘という仕事、やりたいな。

知るべき知識と未来を生きる僕ら

最近、歴史的事実や科学的な根拠に基づいた事について学ぶことの重要性がすごくよく分かった。

人は文明を知識を積み重ねることで作り上げてきた訳だから、知ることで生きやすくなる事はたくさんある。

科学の発達は言わずもがなだが、哲学、文学も生き方について考えて言葉にしてくれているから、心の豊かさ、心の健康にすごく効く。

過去から学ぶことで客観的に現在を評価して、ただそれだけでは足りない。

今の僕らは今を、そして未来を生きる。

僕らしか体験していない時代を、自分の過去を振り返って照らし合わせて相違点を炙り出す。

気づいた頃にはインターネットで世界と繋がっていた世代。

僕の場合、音楽を評価してくれたのは日本以外の世界の人だった。

そのまま友達がたくさんできて、僕は周りに理解者がいなくてもずっと音楽を続けられた。

いきなり海外レーベルで音楽出せたり、海外でライブ出演が叶ったりもした。

一度も都会に行かずとも、自分の表現は無限大に広がり続けていく。

そんな世代が世の中に出るのは、まさに僕らが初めてだ。

どんな未来を描こう。

どうやってみんなでワクワクしよう。

インプロヴィセーション

即興、インプロヴィセーション。

今日、楽しみに待っていた本がようやく届いた。

フリープレイ 人生と芸術におけるインプロヴィセーション。

まだ読んでいないけど、僕は「今ここ」を生きることについて興味があるので、とても楽しみです😊

今日は読む前の気持ちを書き残しておこうかな。

僕にとって芸術的即興を考えると、音楽を作っているときが思い浮かぶ。

その時の気持ち次第で曲の完成に大きく差が出てくると思う。

音楽以外なら最近ではラジオが分かりやすく即興だろう。

内容の打ち合わせはほとんど無く、話の流れ次第でどんどん変化していく様は「即興」と言える。

この感覚を言語化し、人生全体に応用したらどうなるのかな。楽しみ。