よっと音集めの旅 inタイ🇹🇭

こんにちは。

いよいよ今日からタイ一人旅です!今は移動中なので、この間になんでこれをしようと思ったかを文章にしてみようと思います。

写真はイメージ

きっかけは色々ありますが、最初は多分、柳川で出会った小宮くんの話が最初だと思います。

彼は水辺に住む生き物が大好きで、珍しい魚を捕まえるためにアフリカに行っちゃうくらい狂っています。そんな彼の話がとにかく面白い。自分の大好きなものを徹底的に追い求めて飛び回ったり、自ら動いて団体を作ったり、文章やトークやによって活動を伝えたり、水族館の館長やったり、好きなことを極めている人は本当にキラキラしていて素敵だと思いました。

小宮マン館長の水族館

そして自分はどうだろう?音楽という好きな事があるけど、小宮マンみたいに自分の足で様々な場所を訪れて新しい音楽を取り入れたり、自分で人を集めて何かを作ったりしたら、もっともっと世界が広がっていくんじゃないかな?と思ったりしました。

小宮くんはそこにしか無い生物を求めて自らの足で探しに行きます。自分も同じようにそこにしか無い音を探す事ができないかな?と思って音集めの旅を思いつきました。

生物それぞれには、それぞれの歴史や住んでいる環境の違いなどがあります。「こういう形でこんな魚」という事以外に、その歴史や環境によってその魚のストーリーが必ずあります。そしてそれは予想できるものではなくて「なんでこんな形になってしまったんだ」という魚の方が面白いと小宮くんは言ってて、なるほどと思いました。

ここで、「もし音の一つ一つに様々なストーリーがあると何か面白いものが出来るのでは?」と思ったのです。

音集めの旅、という発想はRichard Houghtenの曲を聴いてからなんとなく具体的になりました。

http://bloomypetal.bandcamp.com/album/wind-travel-sample-hat-1-per-person

デジタルでは出すことが難しい絶妙なパーカッションの音が気持ちいいです。様々な国の楽器を使っており、まるで旅に出ているかのような気分になります。

元から環境音を曲に取り込むことはやっていますが、ここまで極めると本当にカッコいいと感じました。彼の他のアルバムではAphexTwinやSquarepusherをギターのみでカバーしていたり、IDMチックな曲が多くて、まさにこんな曲作りたいと思いました。

あとは元から旅が好きなので好きなものの掛け合わせ旅x音楽で同時にやっちゃおう!という理由です。

なぜタイなのかというと、旅好きの友達たちはみんなタイが良いと言っていたり、バックパッカーが多い場所ということで、きっと変な人がいっぱいいるはずだ‼️と思ったからです。ぶっちゃけタイの音楽的バックグラウンドとかはよくわかりませんが、予想外な方が楽しいと思ってあまり色々調べていません。タイに音楽友達いるわけでもないのでマジで街を回っていい感じの人を見つけるしか無いですね。

色々書きましたが、書いていくうちに理由は色々後付けかもしれないし本当にただ「ワクワクする」という理由しか無いような気がする。とりあえず、いろんな場所行ってバリバリ楽しんできまーす!いえーい!

DJイベント UZUSHIO やります!

こんにちは。よっとです。

今週末2/23(土)に、Tribeにてオルタナティブミュージックパーティーをやります。パーティー主催は始めたばっかりで多方面に迷惑をおかけしていますが、一度、想いを形にして共有しておきたいと思ったのでそのことについて少し話そうかなと思います。

きっかけ

自分は、比較的大きい箱にはほとんど行かなくて、小さめのBarみたいな箱に行くのが好き。

小さいと話もしやすくてみんなすぐ友達になれて、出演したDJやライブパフォーマーに「DJすごく良かった!」「ああいう曲はなんていうジャンル?」という事がすぐ聞けるのが凄い楽しい。

一つのジャンルのイベントも楽しいけど、自分の知らない音楽の良さを教えてもらう場でもある気がする。そしてそこで、音楽によってたくさん仲間ができる。

よく遊びにいくTribeというライブバーのマスターは、そのことを

「俺たちは音楽が好きな民族(Tribe)なんだよ」

と表現する。

その表現がとても好きで、「自分でも何か、音楽が好きな民族で集まれるコミュニティーが作れないかなぁ」と思ったのが、自分でイベントしようと思ったきっかけです。

名前の由来

そしてイベントを作るにあたって、みんなが音楽を楽しめる場所とは?という事を考えると、「それぞれが自分の音楽を出せる場所」なんじゃないかなと思いました。

最近は本当にいろいろな種類の音楽が出てきて、型にハマらない音楽もたくさんあります。自分の作るブレイクコアやIDMも、ポップとはとても言えない感じの音楽ですが、僕はそれが大好きだし、それが大好きな人も世界中探せば、もちろんたくさんいます。

音楽は、それぞれにはそれぞれの良さがありますが、それをどう受け取るかは受け取り側の問題であり、とりあえず聴いてみて、良いと思ったらどんどん聞けば良いし嫌と思ったら聞かなければ良い。

喰わず嫌いすると自分の興味があるかもしれない可能性を切ってしまうので、それは悲しいことだと思う。

長くなったけど、音楽にはいろんな形があってそれを全部ひっくるめたカオスなパーティーを作ってみたい。音楽も人も渦潮みたいにごちゃ混ぜになってみんなで楽しむ場所を作りたいと思って名前はUZUSHIOにしました。

まあ、分かる人は分かる、柳川の変人の集う「絵本スナック うずしお」のパクリでもありますが…最後の思いは全く同じなので、リスペクトも込めてこの名前にしました。

目的や方針

このパーティーは無料です。箱代を無料で貸して頂いているからです。そして僕は主催していますが一切の金銭的利益をもらっていません。

僕はこのパーティーの目的は、「自分の音楽を出して、みんなで楽しむコミュニティー作り」と思っています。

基本的には出演者も参加者も関係なくみんなで楽しむ事を利益としてやっていきたい。と考えています。

しかし、ここの共有が不十分で少しトラブルが起こってしまいました。その時に改めて、お金とクリエイターについて考えてみました。

自分も1クリエイターとして、作ったものに対価が支払われると、どんなに少量でも本当に嬉しく思います。

そしてそれは次に繋がっていきます。

どんなに作るのが好きでもずっと無料でやっていくのは限界がありますし、それはクリエイターとファンやリスナー双方にデメリットです。続けていくためには、しっかりその価値を考えて、お互いが気持ち良いくらいの価値の交換ができる場を作る必要があるなぁと感じました。

それが「自分の音楽を出して、みんなで楽しむコミュニティー作り」にもしっかり繋がっていくと思います。今回は無料となってしまうけど、次回があるとしたら、そこも考えてやっていくのが今後の方針です。

今回の出演者紹介

思ったより長くなったので紹介が下の方になってしまいましたが、今回の出演者の紹介をします!タイムテーブル付きです。

なかしま拓 22:00~

世界で3人と言われているハンドフルート奏者。フクコンでお会いした時から是非一緒に何かしたいなぁと思っていたので非常に楽しみです!

dyn syn 22:20~

今回はFutureBass!以前僕が出演するThe Alternativeに呼んだら来てくれて、気づいたら常連さん(?)になってしまった人。Isla君は相棒。

モヤシイズム 23:00~

衝撃のモヤシ推しアイドル。曲も作っているらしい。廻転楕円体のLiveを見に行った時に何故か一番仲良くなったモヤシアイドル。独特のモヤシワールドは必見!

Isla 23:20~

前回のTheAlternativeで、ロリコアをぶちかましてくれた天才。ていおん!にも出演し、最近ぶちかましまくってるブレイクコアフレンズ。今回はHardtekでまじめにやるらしい…?

Toshi 24:00~

ぐるぐるメガネと可愛いヘッドホンでEDMやらゲームミュージックなどノリノリな曲を繋いで盛り上げる、お茶農家さん。今回も最高のDJでぶち上げ間違い無しです!僕にTribeを紹介してくれた人でもあります。

EL 25:00~

The Alternative4で出会い、TranceやDarkPsyを全然聞かなかった自分を一気に引き込んでくれたDJ。低音が凄く気持ち良いTribeにぴったりのDJなので絶対体感して欲しい!

LionKen 26:00~

エグいDubstepをフェーダー弄りながらアレンジして繋げる天才!動きと音が同期しているので、見てても本当に楽しいです。Tribeのオーナーさんです。

yoxtellar 26:40~

こんな時間にブレイクコアやろうとしている僕です。

Xedvs 27:20~

大学の後輩のXedvs君。普段はトラックメイカーとして僕の作曲サークルに入って曲を作ってます!今回も自由にやっていいよ!と言ったので、今回も何をかけるのか楽しみです😊

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.5 〜アーメンをピアノ化〜

前回少しお話しした、別の方法によるアーメンピッチ変更を今回は書きます。これでコロコロアーメンができます。Marcantaみたいな(知らない人は絶対聴いてください神なので)

ADD INSTRUMENTでKEYBOADを追加します

今回は右のEMPTY PRESETを選択

何も入ってないキーボードになりました。ここでキーボードの絵を押します。

鍵盤がでてきますが、押しても音はなりません。SETTINGSをタップ。

いろいろ設定できるので細かいことはマニュアルを読んでください。MAPPINGをタップ。

こんな画面になりますのでQUICKLOADを選択

コロコロさせたい一音だけのサンプルを選びます

無ければ一音だけ抜き出した音を予め作って保存しておきましょう。アーメンのスネアがオススメですよ。

選んだら右にドラック&ドロップします

アーメンがピアノになります

あとは普通に楽器の打ち込みと同じ要領でDRAWでパターンを生成し

鉛筆モードで

打ち込んであげると、コロコロアーメンの完成です!面白いのでやってみてください!

https://soundcloud.com/yamashow/hawawa-protocol-y-0t-remix

この曲とかすごいコロコロ使ってます。本当に大変でした。

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.4 〜アーメンのピッチ変更&MIX〜

久しぶりです。続きが読みたいと言う声をいただいたので頑張って書くぞというきもちになりました。

音のMixについて入る前に、アーメンのピッチを変える方法を書いておきます。

ピッチ変更について

Selectモードで選択し、+で複製。矢印ではないので、コピーした別物扱いになります。

こうなりますね。コピーした別物をピッチ上げます。鉛筆マークを押して音エディット画面に行きます。

Boundsを押してSamplesモードにしましょう。

こうなりますね。すると右下にProcessが出てきますのでそこを押します。BPM合わせと流れは同じです。

PITCH SHIFTを押す。

音のプレビューできないんで、とりあえず3くらい上げてみる。

そしてこの後が重要ですがxで戻る時にSave画面が出たら別名を付けて保存しましょう。わかりやすくPitch+3とかがいいかもですね

あとはコネコネして目的の音を目的の場所に。ピッチ変更後は初めから再生になりますので頑張ってください。

こんなのを連続で行なってコロコロをしたアーメンを作ります。めんどくさすぎる。

あ、でも実は別の方法もありますのでまた機会があれば書きます。

MIXについて

ホーム画面に行きます。上のバーの左から二番目の時計みたいなマークを押すと

ここに行きます。一番左がマスター(全体音量)

ここで各トラックの音量が調整できたりエフェクトの度合いを変更できます。細かいことは調べるとたくさん出てきますので割愛。

エフェクトについて。ホーム画面のMAINというのがマスター(全体の音)です。各トラックにエフェクトをかける場合は下の楽器を変更またはスワイプで横に。

アーメンのエフェクトをかけます。InsertFXの+を押して

エフェクターを選びます。それぞれの使い方は調べるとたくさん出ますのでここでは割愛。アーメンにはCOMPRESSORとOVERDRIVEをかけます

良い感じにうるさくなるのでOVERDRIVEおススメです。

長押しで消すこともできます。

そんな感じで楽器を追加したり音を追加してその度にエフェクトをかけたりMixしたりして曲にして行きます。ここからは特殊なことは無いので、いろいろ調べてやっていけばふつうのDTMと全く同じです!

とりあえずiPhoneでBreakcore制作はここまでとします。最後までありがとうございました!

追記:Beatmaker3が出てますね…使った事ないですがこれも同じくBreakcore作れそうだったらちょっと弄ってみたいですね!

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.3 〜音の刻み方〜

やっと音を刻むところまで来ました。ここからがめちゃくちゃ楽しいところです。

下のバーについて

①画面を動かすモードです。どのモードでも基本的には二本指で操作することで拡大縮小移動が可能です。このモードにすると誤作動が無くなるので便利です。

②選択モードです。サンプルを選択して黄色の状態にして、下の①-⑦のメニューが表示されます。

③打ち込みのパターンを追加するモードです。今回はほとんど使用しません。メロディーの打ち込みの時に使います。

④これが重要な切り刻むモードです。この状態でサンプルの上に指を持って行くとどこで切るか選択でき、その幅を下で説明する④で調整します。

セレクトモードでサンプルを選びましょう

この画面で素材を刻んだりしていきます。

①素材自体の時間軸(x軸)を移動させます。

②素材自体のトラックの場所を移動させます。(TRACKの数はお家のマークの下のTRACKで追加でき、刻む時は3つくらいあるとやりやすいです)

③素材の長さを調整します。

④ここがかなり重要なところで①②③の動かす幅を決めるところです。1/4だったら4/4拍子の1拍ずつ動く感じです。この幅を小さくしたり大きくしたりして刻み幅を調節します。

⑤パターンの複製(再使用)。FLみたいにパターンの中に打ち込みしてそのパターンを繰り返し使う、というような方法で作るための複製です。

⑥コピー(別の物としてコピー)。上のボタンと区別して説明が難しいですが上のボタンは複製したもののどれか一つを変更すると全ての複製したものも変わってしまうのに対してこちらは別の物として保存するので変わらないという感じです。難しいと思ったらこちらの複製をメインに使っても大丈夫です。しかしBeatmakerで読み込めるサンプルのメモリは小さいのであまり多く使いすぎると新しい素材を読み込めなくなる可能性ががあります。(よくなってました)

⑦削除ですね。わかりやすいです。

実際にやってみます

まずホームボタンしたのTRACK追加ボタンでA01のトラックを3つくらいにしておきます(刻みやすいので)

とりあえず幅を1/16にしてスタート!

まずは左下のボタンを押して再生メニューを開き音の確認(確認しながらどこを切り取るか考えましょう)

SPRITで刻む

自動で後ろが選択されました

更に切って選択(選択解除は関係ない場所をタップするとできます)

上下移動させる(移動させても特に音が変わったりするわけではなく、ただ刻みやすいので。別に移動しなくても良いです)

長さ調節

複製ボタンで複製!

これを繰り返したり場所を入れ替えたり、消したりしてブレイクビーツを作っていきます!

もう一種類刻みたい時はAdd Instrumentでまたオーディオを選択して別の楽器として立ち上げましょう。それぞれの楽器ごとにミキサーに送られるので一個にまとめると音量調節できなくなります。(めんどい時はたまにやるけど)

次はミキサーとかエフェクターとかキックとかイコライジングの話をしようと思います(モチベーション維持のためにも、こんなの出来たよっていう報告お待ちしております)

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 part1~音の取り込み方~

 

こんにちは。早速ですが、前々から要望の多かったiPhoneだけでBreakbeatsしてBreakcore作る方法を書きまとめようかなと思います。今回は使用するアプリや音の取り込み方についてです。

 

自分は以前(y=0t という名義で)iPhoneだけでBreakcoreをつくっていました。あのときは正直、パソコンのDAWが買えないから仕方なくiPhoneだけでできないかな~と思ってやっていたことなので、思った以上に反響があってビックリしていました(当時高校生)

 

こんな曲を作っていました。どちらも完全にiPhoneだけで作っています。



なんか、久々に聞いたら今よりもかっこいい曲を作ってて悔しくなりました…

 

iPhoneで作る最大のメリットはやはり、いつでもどこでもどんな体勢でもできるところでしょう。通学の電車などでよく作っていました。また、コストがほとんどかからないことも良い点です。

DAWアプリが1000円程度で、それさえあれば作ってしまえるのでほんとに誰でも始められます。

聞き専だった人もこれを機にブレイクコア制作を始めてくれたら、ほんとにたくさんのアーティストが生まれるんじゃないかなと思ってます!ワクワクしますね!!!

 

 

それでは早速、準備するものから見ていきましょう。

  • iPhone(当たり前)
  • Beatmaker2(アプリ)
  • DropboxもしくはFileZillaやFTPソフト(PCソフトです)
  • AmenbreakやブレイクビーツをするためのLoop素材、その他音の素材
  • MusicStudioやNanostudio(あるとより良い)

 

書いてて思ったのですが、Breakbeatsって何??っていう人もいるかもしれないので補足説明しておきます。

ブレイクコアを作る主な手法としてブレイクビーツと呼ばれる手法があります。これはドラムのループ素材をフレーズごとに分解して順番を変えたり複製することで新たなループのフレーズを作る、という感じです。

主にこの手法をたくさん用いて制作します。そのためどうしても刻むための元の素材が必要になります。それをアプリに入れるための方法を今回はまとめようと思います。

 

Beatmaker2は1400円です。DAWにしては破格の安さ!(そしてわけのわからないUI)

こいつがあればBreakbeatsできます。一番下のMusicStudioなどは、あるとメロディの打ち込みができるって感じです(Beatmakerの音源がしょぼいので私はウワモノは必ず外部のアプリで鳴らしていました)

さっそく作るぞ!と行きたいところですが、まずはLoop素材をiPhoneへ入れるところから始めましょう!

 

まずDropboxで送るのがもっとも簡単なのでその方法から書きます。

Dropboxを使う方法

 

まずDropboxに登録していない人は登録しましょう。そしてDropboxのアプリを必ずiPhoneに入れておいてください。Dropboxわかんね~て人は調べたら使い方がたくさん載っているのでここでは手順を省略させてもらいます。

 

そしてパソコンでDropBoxを開いてLoop素材をアップロードしておきましょう。(ここは頑張ったらiPhoneだけでもできるかもしれませんがPCでやるのが楽でいいです)

Wav形式のみ対応しているのでWav形式の音声ファイルにしておきましょう。

それではBeatmaker2を開いてみましょう。このような画面が出ますのでNEW PROJECTを押してください(とりあえず)

すると楽器を選べと聞かれるのでとりあえずAUDIO TRACKにしておきましょう。

 

そしてこの画面になったら画面上のCURRENT PROJECT:UNSAVEDと書いてあるところのすぐ左の「パソコンの画面とスマホ」のアイコンを選んでください。

 

この画面になったら、DROPBOXを選択

 

開くを選択して連携します。

 

するとファイルが見えるようになりました!

 

iPhoneに送りたいファイルを選択して、真ん中の下の◀を選択。

 

転送されます。

 

転送完了しました。こんな感じでファイルを送りましょう!また、MY CONTENTSの右側にある+でフォルダを作ることができます。フォルダを開いた状態で◀を押すことでそのフォルダ内に転送できます。使いやすいように工夫してみてください。

FileZillaやFTPソフトを使う方法(PCが必要)

FileZillaをインストールしてBeatmaker2公式マニュアルの71ページ以降を参考に設定します。(検索すると出てきます)

FTP形式なので、ほかのFTP転送ソフトでも大丈夫だと思います。最初の設定が面倒ですが、こちらのほうがまとめて転送できるという点で楽です。

 

 

こんな感じでとりあえず、今回は音のインポートの仕方でした!ブログを書くこと自体初めてなので拙い部分も多々あったと思いますが、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

丁寧に書いたつもりですが、わからないことがあればTwitterのほうで質問していただけたらしっかり答えます!

次は早速どのように刻むかを説明します。明日明後日には投稿したいと考えているので、引き続きよろしくお願いします。

iPhoneだけでBreakcoreを作る方法 Part.2 ~BPM合わせ~

前回は音の素材を導入しました。今回はBPMの合わせ方です!(早く刻みたいですね、もう少し頑張りましょう!


 


前回通り、NEW PROJECTからAUDIO TRACKを開いてこのような画面になっていると思います。ここで左下の90.00と書かれているところを選択。


 


再生や録音、BPMなどの設定を行うバーが出てきます。まずBPMを設定しましょう。1番右のSONGを選択。


 


BPMと書かれた所の+、またはBPMの部分をスライドして変更します。とりあえず200に。


 


設定したらもう一度同じボタンを押して閉じ、次は1番上のバーの左、棚のような(?)アイコンを選択。


ここは実際に曲として鳴らすSONG画面です。ここで最初にインサートしたAUDIO TRACKがTRACK2に入っていることが分かります。ではここにさっそくループ素材を入れてみましょう。画面の白丸で囲んであるプラスボタンをタップ。


何を追加するか聞かれるので、IMPORT SAMPLEを選択。


前回インポートした素材はMY CONTENTSに入っているのでここをタップして使いたい素材を選択し、LOADします。


このように素材がロードされたかと思います。しかし、素材と曲のBPMが合っていないのでこれでは上手く刻めません。(どこかのすごいアーティストはBPMを合わせないらしいですがそのひとは例外です)


配置した素材をタップで選択します(下のバーのDRAWの左のSELECTを選択していると選択モードになります)上の図にあるペンマークのアイコンを選択。


音の編集画面になりました。下のバーの「BPM NOT SET」を選択してBPMを計って設定しましょう。


 


BPMは先ほどのようにプラスやスライドで調整して、決定するときはDONE


 


設定したら次はいよいよプロジェクトで設定したBPM200に合わせる作業です。Time Stretchを使います。図のように左下を「SAMPLES EDIT MODE」にしておきます。SELECTを選択した状態でサンプル全体を端からスライドさせて


 


薄い黄色の選択状態にします。ここで右下のPROCESSを選択


 


TIME STRETCHを選択


 


1番上のBPMを合わせたいBPM(今回は200)へ合わせます。そしてPROCESSを選択。


 


BPM200になったことを確認してその音データを保存するために左上のバツボタンの右側を押して上図のような画面にします。ここでSAVE ASで名前を変更して保存します(Bpm200Verなど付けるといいです)。


  


今回はaaと付けていますね。これは悪すぎる例です。(おい)


これでBPMが合いましたのでいよいよ後は刻むだけですね!!

Part3